素晴らしい菓子店 亀戸「米粉専門店Kome Co. (Komeco)」

 ケーキ屋さんの情報を調べている内に偶然凄い店を発見した。
 「米粉専門店Kome Co. 」だ。

 亀戸をちょっと外れた辺りにあるらしい。
 健康維持のための散歩のついでに寄ってみることにした。

 うちからは亀戸駅周辺を通り越して反対側なのでちょっと遠い。もうあと少しで旧中川、という辺りだ。この日はむしろ歩くことが目的でもあったのでさほど気にならず。

 総武線の土手と鉄橋を直ぐ左脇に見ながら丸八通りを渡り、完全に住宅街、という風情の細い道を入って行くとまもなく看板を発見できる。

 佇まいは普通の一軒家。
 脇から入るようになっており、店内は3人も人がいるとパンパン。

 既に午後深めだったのでケーキも残り少ない、といった感じ。それでも数種類並んでいる。
 ショートケーキに、チーズケーキ、チョコケーキなど定番ものが多かった。
 見たところではほとんどが普通の小麦粉ケーキとまるで変わらない。
 価格もやや高めな印象はあるもののまあ常識程度。米粉パンなど通常の倍もしてしまうようなレベルではない。
 まあ、米粉は小麦粉に競べて原価が圧倒的に高いからある程度は仕方ないところ。
 そう考えればむしろ健闘しているとも言えそうだ。

 迷った末にフルーツのショートケーキとチョコケーキを購入。
 さらに、ここで使っている、という米粉を販売していたので丁度残り少なくなっていたのでそれも買ってみた。1kgで700円余りと普段使っているcuoca(富澤商店)ものとほぼ同じ位のお値段。
 かなり細かくて上質なのだという。それもcuocaと同じ売り。

 ショートケーキはこの時販売していた中では唯一小麦粉ケーキとは見た目も異なり、プリンのようなプラスティックカップに収められている。
 その代わり、ケーキの上にはフルーツがふんだんに載せられている。ケーキアラモード状態だ。
 米粉のケーキは賽の目状に切られた状態の物が幾つも入っている。
 しっとりと仕上がっており、舌触りも滑らかで確かに粉質の良さが判る。
 スポンジ、クリーム共に甘みはしっかりとあってとても美味しい。
 フルーツも完熟で風味共にばっちり。

 チョコケーキの方は、チョコの風味はちょっとや弱目ながら、これまた攻めた味付けで美味しさが立っている。
 チョコケーキについては、尋常では無い拘りの代物を幾つも食べてしまっているのでそれは仕方の無いところかも(ex.カーヴァンソンとか)。

 家で日頃米粉の菓子や料理を作っているので知っていることとは言え、改めて米粉でも全く遜色の無いものは出来る、と実感できた。
 場所的にしょっちゅう通う、というのはなかなか難しいかもしれないけれど、何とか時折は訪れてみたい魅力のある店であった。

 しかも、パティシエのお話では、これからグルテンフリーパンの製作も検討中とか。
 お値段が気になるところながら、それも是非試してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です