黒木あるじ/怪談売買録 嗤い猿


 

 出店で怪談を収集する、という「怪談売買録」シリーズの新作。
著者も記す通り、向こうから怪談を語りに来る、というスタイルのせいか、通常とはちょっと毛色の異なる作品が多かった。

 「跳ぶ婆」正座したままの跳躍、シンプルだけれど、結構強烈。図を想像してもなかなかにインパクト大。ただ、どうしても麻原彰晃の姿も同時に思い浮かんでしまうのが難点か。彼女の最期も何があったのかいろいろ考えてしまう。

 「霧ゴム」およそ聞いたことの無い怪異。塗り壁に近い存在かとも思うけれど、あれも弾力があるわけでは無いだろうし、行為が全然違う。確かにこんなものがもし実在するのなら、山など怖くて登れない。山の怪異(安曇潤平etc.)含めいろいろと山の話や遭難事件など読み聴きしてきた中で他には出会った記憶が無いので、鵜呑みにするのも躊躇されるところではあるが。

 「ねずみ」部屋の天井からいきなり生きた鼠が落ちてきて、それが瞬く間に腐乱死体にまで変貌してしまう。いやなかなかに凄い。怪異そのもの、である。
 しかも、最悪の物体がその場に残されてしまったまま。これ以上経験したくない事態もそうはあるまい。

 「あげる」街中を歩いていてこんな目に遭ったら本当に嫌だ、と言うか困る。語り手は間一髪で何故か気づいて事無きを得たけれど、そのままという人もいそうな気がする。

 「五人目」合わせ鏡絡みの怪談は時折登場する。ただ、途中の一人が手を振る、というタイプの事例は覚えがない。そして、これが気になった理由は、むしろ先生がこの事実を既に知っていたこと。事の真相が是非知りたかったところだ。また、大騒ぎになったようなのに何も語られることが無かったのは何故なのだろう。

 「反転」ありそうで無かった反転世界。これも新鮮で興味深い。このジャンルもまだまだいろいろなネタがありそうだ。しかも、作中語り手自身が言及してるように、自分一人なら何らかの病気、という疑いも残るけれど(それには矛盾もあるものの)、母親も同時に同じ体験をしている、というところから信憑性がぐっと増している。無理とは知りつつも、迷い込んでしまった理由が判ればなあ。

 「喪字」書いてはいけない文字が家系で継がれている、というのは面白い。しかも、それが著者にも障りを生じてしまう、というおまけまで。当然ながら何という字なのか気になって仕方ない。

 「おむかえ」初盆の父があの世への帰還にタクシーを使おうとする。ちょっと楽しくちょっと哀しくちょっと不思議。強烈なネタ、というものでは無いけれどじんわりと来るものがある。しかし、タクシーでどこに帰ろうとしていたのだろうか。

 「うしのおもいで」自分では昔懐かしい思い出と思っていたものが実はそうではなかった、という話はたまに存在するので新しいとは言えない。
 でも、ここでは自分の産まれる前、ということなら状況が一致する、というよりややこしい話になっている。あるいは父の記憶なのではないだろうか。

 「紙垂」最近ではパワースポットなどと呼ばれることもあるし、聖なる空間である神社では、怪異というのは元々起き難いのかもしれない。ただ一方で神の威光とでも言うべき事例というのもこれまでほとんど聞くことは無かった。
 ここでは台風の最中、紙垂が全く揺れもしない、というやはり自然や偶然ではあり得ない出来事。何とも不思議だ。

 「読むな」名前を呼ばれることで突然激しく暴れ出す自販機。扉が開いて中から何か出てきた、ところで語り手は逃げってしまっていて、何者なのかは判らない。実に残念だ。当然ではあろうけれど。
 この話が印象的だったのはそのビジュアル的な恐怖も勿論ありながら、この周囲が全て廃屋であった、という事実。ただの偶然、という可能性があるとは言え、この何かによって皆ここに居られなくなってしまったのではないか、と想像すると一層怖ろしいものに感じられる。

 「余談に似た、あとがき」で触れられた二つの怪談は、どちらも強烈、というものでは無かったけれど、こうして二つが見事に繋がってしまうと読んでいて鳥肌が立ってしまった。しかもその内の一つは著者自身の体験。やはり因果な仕事ではあるのかもしれない。

 強烈な作品というのは無いものの、何か気になるような、興味深い作品を多数含んだ佳品であった。

 

 

牛抱せん夏/実話怪談 幽廓


 

 女流怪談師、というなかなか珍しい立場の著者。女性怪談作家も増えつつはあるけれど、小説家を中心に他の職業との兼業の方ばかりなので。
 かなり秀逸、と思える作品が二つも入っていた一方でもう一つと思えるものも結構あって、落差が激しい。

 「インターフォン」力のある人は、遠方にいる別の人間の体を借りて魔を払う、ことなど出来るのだろうか。およそ聞いたことは無い稀少な事例だ。
 これができるならいわゆる霊能者ももっと楽になるのでは。興味深いけれど、俄には信じ難い話でもある。
 またこの話、声優の浅沼晋太郎氏から聞いた、と実名で挙げられているけれど、内容には全く関係が無くわざわざ記す必要があるのだろうか。

 「鬼ごっこ」兄と遊んでいるかと思っていたら、違う存在だったようだ。ただ、一緒にいるところからそのまま遊びに入っているようだし、母親もそれを見送っている節もある(声だけかもしれないけれど)。一体どうやってすり替わってしまったのだろうか。
 意外に気味の悪い話ではある。

 「そば屋」霊なのにあるいは霊だから、だろうか、そばが残っているのを見透かされてしまう、というのはぎくり、とさせられることではある。しかもそのそばが無くなってしまう、という物理的証拠まで。出来ればちゃんとお代を払っていって欲しかったところだ。

 「鉄オタ」思いがけず遭遇してしまった土左衛門(見てはいないようだ)、無遠慮に撮影してくる男、近付くと突然の消失、残されたカメラと三脚(しかもびしょ濡れ)、何故か自分のカメラに残るそのカメラで撮ったと覚しき自分の写真、そしてそのままの失踪、とそれぞれの因果関係はあるような無いようなという微妙な空隙は残しながらも、とにかく畳み掛けてくる出来事に惹き込まれてしまう。最後も時折ある展開とは言え謎が残る。
 ちょっと稲川怪談にテイストが似ている。
 なかなかの逸品だ。

 「川遊び」これも何とも奇妙な話。
 本来なら死んでしまっている人間と共に行動していた、というだけでもとんでもない。
 ところが、そこからどうにも矛盾した展開を迎えていく。
 皆が亡くなった彼を家まで送っていくのだけれど、実は乗っていた筈の車は死亡現場近くで見つかっている。母親も確認しているので、このメンバーだけの妄想でも無い。
 布団に寝かせたつもりが布団は平らなままで、それでいながらびっしょり濡れていたという。
 更に不思議なのは、遺体の服装は、語り手たちが着替えさせた「後の」姿で見つかっていること。
 当人はどうやら死んでいることに気づいているようなのに、ほんのり匂わすだけではっきりしたことを言わなかったのは何故なのだろう。
 どう考えても一貫した合理的な説明を行うことが出来ない。その不条理さが堪らない。

 上記二作品を読めただけでも幸せ、と言えば言えるのだけれど、何故か充実感は稀薄で評価の難しい本ではある。

 

 

三雲 央/心霊目撃談 現


 

 以前から共著作では名前をお見かけする作家さんではあったけれど、特に印象に残るものは無かった。
 しかし、この初単著、予想外に印象的な作品が多かった。

 まずは「公民館裏」人によって霊が見えたり見えなかったり、というのはもう当たり前になってしまっている。
 でも、この話のように、霊によって空中に持ち上げられた人を、霊が見えない人が目撃する、という事例はおよそ記憶にない。
 人が何もなくいきなり空中に浮かび上がってしまう、そんな光景を目の当たりにしたら驚愕する他無い。一生忘れられないものとなろう。こちらが想像するだけでもとんでもないことだ。
 変に見えるよりももっと怖いことがある、そう教えてくれる事例だった。

 「あやふや」最初はたまに語られる憑依系の話かと思わせながら、突如それを反転させ、次第に混沌の極みへと落とし込み、全く理解不能の結末を迎える。短いながら、ちょっとしたミステリーホラーのような劇的な展開に惹き込まれた。
 一体どういうことなのか真相が知りたくて堪らなくなる話でもあるけれど、第三者の介入が(聞く限りでは)無さそうなここでは追究も難しそうだ。ただ、二人が写された写真、というブツはあるので、もしこれが現実的な事件などであるなら辿りようもある、のかもしれない。

 「気配」目が見えない人の遭遇する怪異、という貴重な事例だ。
 しかも当人だけでなく廻りの家族も明確にではないにしろ体験してはいるので傍証になる。

 「臭い」天井裏でどんな存在が煙草を吸っていたのだろう。それを想像すると何とも怖い。吸い殻が現実に残っている、というのも不思議。どこから生まれ出てくるのか。

 「笑顔のままで」で語り手を張り倒した祖父「のようなもの」は何だったのだろう。ただ、祖父も父も何も語ってはいないようだけれど、祖父の家自体が普通でないことは確か。

 「スミラブ剤」何かが現れる、というのでも無く、殺虫剤撒布を妨害するかのような現象だけが起き続ける、というのは変わっている。それ程までに嫌がる何かがあるのだろうか。ただ、これが霊全般に効くものかは不明だし、それをわざわざ著者が勧めるような文章を付け加えるのはいかにも余計なことだろう。

 「開拓地」ものが空間を超えて移動してしまう、という現象が継続的に起きている、大変に貴重な事例。関係者が多数、というところも。
 元々あったという因果が疑われる石像は一体どうなったのだろう。定かなものでも無かったのでやはり処分されてしまったのか。この土地の由来etc.、原因を追及していかないと、ずっと続いてしまいそうな話だ。

 「成長」カーブミラー内にのみ映る霊、という話はこれまでにも幾つもある。
 しかし、ここでは倒れた状態のまま、というのも霊の現れ方としてはむしろ珍しいし、それが成長しつつある、というのが不思議だ。さらにまるで現実の出来事であるかのように衣服だけはそのまま、というのも。成長する霊という話も以前あったような気もするけれど、それで衣服がそのままのため大変なことになっている、などという話は聞いたことがない。心霊現象がどの程度現実社怪と寄り添って存在しているのか、それを考えさせてもくれる。

 「閾値」この話は一巻の掉尾を飾るに相応しい壮絶な奇譚である。
 語り手の彼女である体験者にとって、これがどれ程に苦しく厳しいものであるのか。
 実際には一瞬で出てこられる、とはいうものの音も無い真の闇に体感とは言え数十時間も放り込まれ、しかも出口を求めて彷徨い続けなければならない、という恐怖はもう想像を絶する。よく発狂せずにいられるものだとすら思う。
 これが精神的なものなどでは無いことは、手を加える隙も無い一瞬の内に衣服や姿がぼろぼろになってしまっている、というところから明らか。
 語っているところからすると、特に暴行など何かが接触してくることすらなさそうなのに、どういう行為によってそうなってしまうのだろう。
 この闇とは一体何なのか本当はどういう空間なのか、なぜそこにドアノブだけは存在するのか、そもそも何で彼女がこんな目に遭うようになってしまったのか、解決できる手立ては無いのか、など無数の疑問や心配が生じてしまうような、ここでは書かれていないとんでもない「闇」を抱えた体験談である。
 こういった話では、語り手が怖くなってしまって相手と別れてしまった、というのが常道なので、ここで彼女を生涯支えていこう、と決意する語り手に何とも救われる。
 闇黒の世界に一条の光が差し込んだような気持ちで読み終えることが出来た。
 この一編だけでこの本に出会えたことを感謝したい。
 久々に怪談で心を打たれる思いがした。

 このように強い印象を残すことになったのは、情景描写の適切さにもあると思われる。
 最後に挙げた二作に留まらず、全体に出来事が起こっている場をとても巧く表現しているため、まるで映像作品に接しているかのようにその状況が明確に頭に浮かび上がってくる。
 なので、ここでは触れなかった作品でも、勿論その怪異自体も特異性が強かったりはするけれど、読み応えがあって読後に残るものが多い。

 最近どうももやっとするような本が多かっただけに大満足。

 

 

怪談に関するブログです。主に怪談本やイベントの感想を書いていきます。心霊体験は全く無いので、オリジナルの怪談を載せることはなさそうです。