営業のk/闇塗怪談 消セナイ恐怖


 

 文章や語り口にちょっと難があり、些か興を殺がれるところはあるのだけれど、ネタがそれを超えて興味深く、印象的な一冊だった。

 「溶けていく」風呂の中の怪異だけであれば、もしや高熱の風呂に入ったショックで失神してしまい、その状況で見た幻覚か、と思えなくもない。
 しかし、ここでは書いた覚えのない遺書まであった、というから話は違う。いつどうやってこれを書いたのか、という疑問は残るものの、不思議であるのは間違いない。

 「家族が怯えたモノ」本来この手の本のメインとなるべき「霊的な現象」を、この一言だけで終わらせてしまう、という荒技をそれを超えて猶奇妙な話ではある。
 家族三人が同時にしかも別々に自殺してしまう、というのは普通ではない。
 その一方で本人にとっては旅行時を除き何も変化も怪異も無かったわけで、本人同様こちらもさっぱり判らないとも言えるし、そのためにかえって怖くもあったりする。

 「暗闇の中だけで」見る度に次第に近づいてくる霊。暗いところでのみ見えていながら連続している、というのが興味深い。ある種王道ではあるけれど想像するとなかなかに怖い。この語り手は何とか生き延びられたのでこうして伝えられているけれど、そのままあの世へ逝ってしまった、という人もやはりいるのだろうか。

 「井戸の中へ」真っ暗な井戸の中でこんな目に遭ってしまったら、とても正気でいられるとは思えない。しかもほぼ死の直前まで味あわされている。
 どうして助かったのか何とも気になるけれど、本人にも判らないものはどうしようもない。残念だ。

 「左利き」自分自身元々左利きでそれをある程度矯正された過去があるので、その不便、苦労はよく判る。しかし、それが呪いになってしまうことがあるとは、実に不気味で怖ろしい話だ。
 最後に書かれている著者の感想は言わずもがなだし、全く余計。ただ興が殺がれるのみ。

 「悪魔というモノ」舌が後天的に大きく変形し、しかも伸びてしまう、ということなど普通では考えられない。さらには会社の健康診断という公共の場での体重異常など、客観的な怪異が幾つも起きており、ネタは極めて特殊なものではあるけれど、信ずべきところはある。彼女のその後は是非取材して欲しかったところだし、現在どうなっているのか気になって仕方が無い。

 「入口も出口もない建物」新耳袋の「山の牧場」を代表とする異常な建物話。大好物である。これも、相当にやばそうな物件であることは間違いない。
 神社の本殿に窓などはないのが普通(といいうよりあるものをほぼ見たことが無い-巨大な出雲神社でもなく、吉備津神社本殿のみ嵌め殺しの窓らしきものがある)ながら、出入り口も無い、というのは流石にこれまた見た記憶がない。
 ただ、日本の神様は結構な割合で祟り神だそうなので、障りが強烈なのであれば封じ込めるためにそうすることも無いとは言えないかも。現にここでは随分と暴れていらっしゃるようだし。
 どこにあってどんなものなのか是非実見したいところながら、二重の壁に阻まれてしまっていては無理そうだ。
 ただ、何故この時期急に囲う必要が生じたのか、工事に携わる人間に何故何事もなかったのか、など疑問も残る。

 「凍死するということ」最近注目している山の遭難が怪談に重なった噺。これまた大変興味深い。
 ただ山で遭難した際、人によってはかなり簡単に、まだほとんど衰弱していなくても幻覚を見ることがあるようだ。怪しい行列は幻覚、リュックは動物によって(熊は結構あちこちいるようだし、猿の可能性も)持ち去られ、偶然落とされてしまった、という可能性も充分有り得る話ではある。

 「野辺送り」けっこうな数の人間が同時に消えてしまう、というのは尋常ではない。死ぬよりも怖ろしい。一体何処に行ってしまったのか。
 ただ、これだけ凄い事件なら、しかも警察も介入したとなると、記録として残っていてもおかしくはない。この時代それなりに話題になっていないとおかしいのでは。デマである犬鳴村や杉沢村ですら結構取り上げられているものだ。
 さらに、何とか誤魔化して行っている、という可能性はあるにしても、ここで書かれているような遺体処理の方法は明らかに違法である。それも気になるところ。

 「件というモノ」小松左京の傑作「くだんのはは」を読んで以来、ずっと気になっていた存在、件。その後新耳袋でも取り上げられるようになり、怪談界ではかなり有名なネタとなっている。
 ただ、この件という妖怪、本来は頭が人で身体が牛らしい。確かに予言をするというのならそうでなければおかしい。昨今では着ぐるみがしゃべったりもするので動物の姿で話すことも違和感が無くなりつつはあるものの、その発声をどう行っているのかと考えると理屈には合わない。
 小松左京が何故逆にしたのかは不明ながら(人が産むところがミソだろうか)、彼の小説中で描かれていた、和室に着物姿で正座する牛頭の女性の姿、というのは想像するだに強烈でしかも美しい。その想像が最早頭から離れなくなってしまっている。
 夢で見た場所と同じである、というのも夢が繰り返されたモノであるならデジャヴュでもないようだ。とは言え、学校の中にあるとは思い難い部屋ではあり、現実空間のものでは無いと考えた方が良さそうな気がする。では何なのかと問われても全く判らないけれど、なかなか印象的な場所であることは確か。

 これまでこの著者の作品は、さほど印象に残ってこなかった気がするのだけれど。
 著者の作風もしくはネタが違うのか、こちらの感じ方が変わったのか、あるいは偶々か。 いずれにせよ、かなり楽しめる作品集だった。
 大満足。

 

松本エムザ/誘ゐ怪談


 

 この方もほぼもしくは全くの初めて。
 初期の段階で女性と判り安心して読めた。著者自身の体験談も多いので、これで性別が判らなかったらイメージ作りに相当苦慮しただろう。

 全体に怪異が小粒で、既視感のある内容も散見され、あまり印象には残らなかった。

 「母の誘い」人に食ってかかる霊、というのは珍しく驚いた。
 水に近付くと引き込まれる、という話自体は時折ある。そんな中には洗面器レベルの水で逝ってしまった例もあったようだから、無事に逃れきるのはなかなか難しいのでは。

 「ベビーカーおばさん」ペットだけなら飼わないことで何とかしのげるとして、もし子どもが産まれるとなったらどうなるのか。そう想像するのが一番怖ろしかった。

 「通行禁止」飲食系の配達車両にのみ障りのある道、というのは興味深い。
 その理由、祠の正体など、もっと掘り下げてもらえれば、と残念なところも多い。

 「真夜中の迷路」外国だと怪異のアプローチもやっぱり大分違っているのが面白い。 ただ、語学が堪能ではないので英会話を習っている、という人の聞いた話にしては、話が詳しく大分難しいもののようにも思えてしまう。

 気になる作品もこのように少なかった。
 最後の大作「白い顔の女」も悪い意味で気にはなったけれど。
 一族に伝わる祟り咄、ではあるのだけれど、本格的なのは曽祖父の代位。それもまとめて簡単に記されてしまっているのでそれ程怖ろしくはない。
 その後のストーカーなどは祟りとは違うだろう。聞く限りでは彼らは別の対象を見つけたり何か執着が外れてしまえばけろっと他にいってしまうらしいし、元々。
 親子で女性の趣味が似ている、というのはそうおかしな話では無い気もする。
 さらに、彼が祭の日にさらわれても、翌日には何事もなく戻されている。これは一体どんな祟りなのだろう。
 家族が祟りに囚われてしまっていれば、事実とは関係なく反対はするだろうし。
 とにかく、思い込みと強引な論理ばかりで一つも納得性も恐怖も無い話であった。

 しかも、あとがきを読んで驚愕した。
 この本の中には創作怪談も混ざっている、と。
 実話怪談と創作怪談、ここの境界だけは絶対に侵すべきではない。
 元々、怪談話はそれが(一応だとしても)実話だという前提で、そこにある程度信頼を置いて読むから驚きもし納得も出来るのである。新しい、と感じるのもそうだ。
 その信頼関係が崩れてしまえば、どれもこれもただのインチキ、嘘の話、と疑ってしまわざるを得なくなる。
 現実にはあり得ないようなことが現実に起きた、というから怖いのであって、創作なら何でもありなのだから怖くも何ともならない。新しくても当たり前になってしまう。
 これまで創作怪談を読んできた限りでも、怖いと思えるようなものは皆無であった。
 なので、今はエブリスタ編の作品は読まないようにしている。
 上で気になった作品が創作かどうかは判らないけれど、評価点は新奇な事例である、というポイントに集中している。創作なのであればそれも撤回せざるを得ない。

 こうした執筆方針を変えないのであれば、この著者の作品を今後読むことはあるまい。

 

響 洋平/地下怪談 忌影


 

 TV番組の「異界への扉」で怪談トークは時折拝見していたけれど、単著の書籍は初めて。
 新鮮なネタもそれなりにはあったものの、若干印象は弱目。
 中にえらく既知感の強い話が混じっていたり、表現の仕方などで大分損をしている気がする。

 「弟」怪談の内容よりも、見えている「人」が死んでいる、と話す際笑みを浮かべている(しかも繰り返し)というのが不気味、というパターン。
 人の視覚・認識というものの危うさを痛感するこの頃なので、果たして見えているものが皆同じなのか、という疑問には深く賛同する。

 「認証事実」テクノロジーと共に怪談も進化していく、という好例。
 話していないのは勿論、聞こえてもいない声が拾われて認識される、という原理はいかなるものか。

 「箪笥」前半の謎の血も不思議ながら、後半、箪笥を開けて以降の展開は強烈。ちょっと怪談の王道、という気もしないではないけれど、迫力で読ませてしまう。

 「チベット」元々神懸かった異境の地で、そこにはあり得ない建物や人々に遭遇し、深い傷が瞬時に完治する、という「奇跡」を目の当たりにする。何とも味のある奇譚だ。

 「香水」記憶していた、つもりの人形が実際には存在していなかった。何故そんなことが起きてしまったのか。その不条理さが面白い。
 ただ、漂ってくる香りが強い香水の匂い、というのは気になる。人形から香水の匂いなどするものだろうか。更に途中では御香のような臭い、という表現も混じっている。御香と香水とは全然違う香りだと思うし混乱してしまう。
 また、最後にある著者の質問、というのがどんな意味を持つのかどうにも判らない。TVが家にないことがこの話にどう関係しているのだろうか。

 「虫」これは怪異が面白かったというのではなく気になってしまったので取り上げる。
 この家族はお父さんが虫に生まれ変わった、と信じているようだけれど、写真に映らない、のであればこの世の存在ではないのだろう。思いが虫の化身へと凝り固まってしまったのでは。成仏させてあげた方が良さそうな気もする。
 この直前に著者が家族に対してかなり褒める発言をあえて載せた後にそれを告げる二行だけを書いてすとん、と終わらせる。そこまで意識して書かれているのであれば、にくい作りだ。

 「塊」生き物のようなそうでも無いような、不思議な物体。最初は複数の人間が見ただけでなく潰してしまった者までいるので、確実に存在しているようだ。しかも潰せるらしい。
 初の遭遇時だけ回転していた、というのも謎なところ。何故だろう。

 「忌影」最後の大作。見る度に違っている空間。何とも好みだ。3回の目撃それぞれがまた気味悪いことこの上ない。第一に、壁がごく一部だけ窪ませてある、というのもかなり妙な話。有り得るとは言え、出来る限り避けそうなものだろう。
 しかもそれが体験者の記憶から一部抹消されてしまい、写真にしても人によっては違って見えるという。相当な怪異だ。
 本当なら是非いろいろな人に確かめてみて欲しいところ。

 結構な割合で、話の最後に著者の意見のような考察のようなものが書かれている。
 書籍は著者のものだから何を書こうと勝手ではあるのだけれど、個人的にはこれは要らない。興を殺ぐことこの上ない。
 序文やあとがきは著者の語る場なので何を書いても良いし、著者の姿勢とか人となりとかが伺えて興味深いことも多い。
 しかし、怪談においてはその中身が全てなので、怪異を追体験した余韻のまま終わりたいのだ。それが何だかなあ、という内容だと尚更である。
 例えば、「傷痕」という話の中で、聖痕の話が出てくる。著者としてはここで起こっていた怪異と結びつけたかったのだと思うけれど、最後に傷痕は全く無かった、と結ばれている。ではそう考えた根拠は何なのか。
 これまでにも傷も無いのに血が付いていた、という怪異咄には何度も触れてきている。極論すればそう珍しいものでは無いとも言える。そこに突如独自の解釈を、然したる確証も無しに付け加えられても、興醒めするばかりである。

 

怪談に関するブログです。主に怪談本やイベントの感想を書いていきます。心霊体験は全く無いので、オリジナルの怪談を載せることはなさそうです。