恐怖箱 怪書


 

 書籍に纏わる怪談を集めた作品集。
 本と怪談、というのは相性が良いのか、興味深い作品に多数出会うことが出来た。

 「資源回収」この話で不思議なのは、フェンスについては全く意に介さず通り抜けていけるようなのに、雑誌の山は通り抜けられない、というところ。
 物理的な障壁、という意味では一緒にも思えるのに、この二つではどこに違いを生じる要因があるのか。固さなど、むしろフェンスの方が邪魔になりそうにも思えるのに。

 「刷る音」生き物ですら無い機械の、しかも音だけがする怪異、というのは珍しい。
 それもかなりしっかりと、確実に聞こえてくるようだし。
 心霊現象自体を場の記憶ではないか、とする説もあり、この話などはそういった説明が納得のいく事例ではある。

 「自販機本」自販機本のところで出くわした謎の女、それから始まる不思議な声。それが家族にまで拡がっていったかと思うと、話をした友人にまで伝染していく。そして友人は激しくなる怪異に身を滅ぼしてしまう。繋がっているようないないような、それでもなかなか強烈な事件でありながら、語り手があまり恐怖を感じていないのか、どこかのんびりしている。友人が来た以降、語り手の家での怪異がどうなったのか、全く記されていないので不明ながら、当たらない、ということはそのまま納まってしまったのだろうか。何となくすっきりしないところも残る話ではあった。

 「河原にて」河原からちょっと離れた草むらで見つけたエロ本、それを皆で見ていた、筈なのに謎の「終」という文字に続いて気づいたら全員が川にはまり込んでいた。何ともシュール、ながら多数の人間が同時に体験している、ということで信憑性も高い貴重な奇譚だ。何故どのようにこれが起きていたのかとても気になるけれど、これまた明かされることはあるまい。

 「新品に近い古本」怪異と並行して進んでいく親子の物語が何とも哀しい。ただ、幾つか描かれた情景の中で、自殺する際の紐がどこから出ていたのか判らないものだったという。事実とは異なるのでは、と思わせる点があることから、この物語が全て本当にあったものなのかどうかは断定できない気がする。もしかするとこの現象を生み出している何ものかが見せている幻想、なのかもしれないのだ。

 「しおり」は今でも継続している、というのが興味深い。ここまで来ると単なる偶然、ではあり得ないし、写真の内容もおかしい。現実とも思えないので、一体何を見せられているのか。原因や犯人が気になって仕方ない。
 語り手がこんな目に遭っても趣味を貫いている、というのも見事。オタクの鑑だ。

 「フライ」作中の物語がまさにダーガー。こちらは最後だけながら残虐性が強い、というところも似ている。是非読んでみたいところだ。かなり面白いようだし。ただ、異常とも言えるのめり込み方からすると、単純に面白いと言うよりもこの作品そのものもしくはそれを書いた人間に魅入られてしまったのかもしれない。となると作品の出来は何とも言えない。
 ただ、あまりにもダーガーを思わせるものがある、というのはどうしても気になる。語り手なのか著者なのか、どちらかがダーガーに影響を受けて創作もしくは脚色してしまったのではないか、そんな印象もないではない。

 「道連れ」因縁の本によって二人の人が亡くなってしまう。強烈ではある。
 しかし、亡くなってから時間が経って突然呪いの発動した理由が判らない。また、持っていただけでやられてしまうのも理不尽だけれど、元あった家に戻ったら姉をも殺めてしまう、というのも不思議だ。
 あるいは、見張っていたのに逃げた、という姉の言葉からすると、何か家にありたくない因縁があり、戻ってしまったことで怒りなりが爆発した、ということなのかもしれない。だとしても友人の死は理由が判らないけれど。

 「紗英ちゃんと絵本」怪異が現在でも継続している、というところが特に怖い。
 今のところ出かけないだけで紗英ちゃんの変化について何も語られてはいないけれど、性格も変わってしまったのだろうか。そして、今後どうなってしまうのかとても気になる。

 「今日も明日も」は何だか哀感に包まれた話。語り手の優しさ(なのか?)も滲み出ているようではあるけれど、解決せず継続中、というのがきつい話でもある。
 夫が「あらゆる手」を講じた、と一言で終わっているけれど、ここにどれだけのことがあったのだろうか。また、夫も別室で寝る、というまでで別れたりしていないところに、こちらも優しさを感じる。

 「ある絵本」絵本には何かあるのだろうか。立て続けに印象深い絵本話が続く。
 人の業のようなものが渦巻くおどろおどろしい話ではある。
 ただ、これは本当に怪談なのか、という点で疑問を感じてしまうのも確か。
 起こっているのはほぼ語り手が娘に取り憑いている?黄色い鬼と話をする、というもの。物理的な怪異や第三者が関わるようなものは無い。なので、元々語り手は夫の浮気に気付きつつあったか無意識に疑っており、それが嵩じて次第に精神に変調を来してしまった、と解釈しても矛盾は感じない。夫の死については既に相当具合は悪かったようだし、願ったこととは関係なく亡くなってしまったとしても不思議は無い。

 興味深いだけで無く、継続しているもしくは解決の見込が無い、という話も多かった。本によって齎される怪異はより強烈なのだろうか。
 アンソロジー本はどうも不完全燃焼、というものが多い中、この本は結構堪能出来た。

 

 

さたなきあ/純粋怪談 惨事現場異話


 

 昔は年に一回、その後二年に一回程度から数年に一回へと次第に間隔が空いていき、2013年を最後に新作がなくなり、読めなくなってしまっていたこの著者の作品。
 それでも大抵夏頃に発売になるのでその時期には検索をかけてみたりしては落胆して、を繰り返していた。
 その後、2018年から竹書房の共著作品に登場してしたらしいのだけれど、多数作家の共著本、ほとんど作者を気にしていないので全く気づかなかった。
 それが本当に久々に単著を、しかも竹書房から発売という驚き。

 懐かしさを噛み締めつつ読ませていただき、良くも悪くもさたな怪談の真髄を見る思いがした。

 最近ではプロットだけ、のような硬質で簡潔な怪談が好まれる中、この著者の作品は一つ一つが比較的長く、とにかく饒舌。
 そこに昭和の匂いを感じつつも、独特な語り口は読み手を惹き込む力をも持っている。 ただ、時にはそれが演出過多に感じられたり、ものによっては胡散臭く思わせてしまうような場合もあるのが、改めて認識できた。やはりちょっと古いタイプではあるのだ。

 「外付け怪談」は別の好みであるトマソン物件とも呼べるものが舞台。
 無意味にしか思えない怪談と開く筈のないドア。それが開いてしまう恐怖、というのはなかなかのものだ。
 ただ、この話あくまでも語り手が更に聞いた話、というものであり、その管理人、というのがそこまで詳細に語るものか、と思えてしまう程まさに饒舌に語っているので、ちょっと怪しく感じてしまうのも確か。
 また、この語り手、果たして一生ここに立ち寄らずにいられるのだろうか。
 この中でもちらりと触れられている「青ひげ」の物語のように、一度魅入られてしまったらいつかは禁断の扉を開けてしまいたくなる、それが人間というものだ。ちなみに、このようにさまざまな知識をさり気なく作品中に盛り込んでくるのもこの著者の特質である。その分作品に深みが増す。

 「上司の背中」魔に取り憑かれた人間が失踪する、という話は時折ある。
 しかし、ここでは全くの密室から忽然と姿を消してしまっている。一体何が起こったのか、何とも気になって仕方がない。

 「何もかもが、ふつう」空き室物件を見に行ったらそこに‥‥、というネタはむしろ王道と言って良い位。
 しかしながら、これ程に具体的な「ブツ」が登場してくる話など聞いたことが無い。床全体に拡がる皮膚片、部屋全体にとぐろを巻く髪の毛、などもうどんな状況であれ遭遇したら卒倒ものである。ある意味とても貴重な体験を出来たと言えそうだ。

 「セミの味がする」怪談としてはかなり異色ではあるけれど、確かに怪異と言える事態は起きている。ここで書かれている限りでは特に由来も因果もなく、しかも徐々にセミを食べている感触や味に襲われていき、ついにはその姿まで現れて来てしまう。自分であれば正気を保てている自信が無い。ある種とんでもなく怖い話だ。

 「あとがき」ここに書かれている小咄もとても興味深い。
 先の「上司の背中」同様に住人が消えてしまう、という事件がしかも3回も続いてしまう。どう考えても尋常では無い。無理とは思いつつも、もっともっと詳細を知りたいし是非その行方など含めて追究して欲しいところだ。

 一方で「整理屋始末」などは語り手が判らない。当人以外は絶対に語れないような話ではあるし、当人だって明らかな犯罪、語ることなどあるだろうか。しかも現時点ではアルコール依存症にもなっている様子。話など聞けなさそうだし、聞けたとしてその語るところはあまり信憑性は無い。一体誰がどう語ったものなのだろう。
 こういった作品を採用してしまうと、全体も素直に信じられなくなってしまう。
 怪しいものであれば取り上げるべきでは無いし、欠けているところがあったとして、創作の領域に入ってしまう程付け加えるべきでは無い。
 以前ならともかく、昨今においてはもう少し節度あるものが求められている。

 一時代昔のテイストを感じる部分はあるものの、やはり著者ならではの読み応えは確かにある。
 久々に接することが出来たのは嬉しかった。
 今後も時折は読んでいきたい。

 ちなみにこの著者、ずっと何とはなしに女性だとばかり思っていたのだけれど、Twitterなど拝見するに男性なのだろうか。
 まあ、元々中性的、と言うか特に性別を意識させるような作風、内容でも無いのでどうであれ全く問題は無いのだけれど、ちょっと気になってしまうところではあった。

 

 

 

黒木あるじ/怪談売買録 嗤い猿


 

 出店で怪談を収集する、という「怪談売買録」シリーズの新作。
著者も記す通り、向こうから怪談を語りに来る、というスタイルのせいか、通常とはちょっと毛色の異なる作品が多かった。

 「跳ぶ婆」正座したままの跳躍、シンプルだけれど、結構強烈。図を想像してもなかなかにインパクト大。ただ、どうしても麻原彰晃の姿も同時に思い浮かんでしまうのが難点か。彼女の最期も何があったのかいろいろ考えてしまう。

 「霧ゴム」およそ聞いたことの無い怪異。塗り壁に近い存在かとも思うけれど、あれも弾力があるわけでは無いだろうし、行為が全然違う。確かにこんなものがもし実在するのなら、山など怖くて登れない。山の怪異(安曇潤平etc.)含めいろいろと山の話や遭難事件など読み聴きしてきた中で他には出会った記憶が無いので、鵜呑みにするのも躊躇されるところではあるが。

 「ねずみ」部屋の天井からいきなり生きた鼠が落ちてきて、それが瞬く間に腐乱死体にまで変貌してしまう。いやなかなかに凄い。怪異そのもの、である。
 しかも、最悪の物体がその場に残されてしまったまま。これ以上経験したくない事態もそうはあるまい。

 「あげる」街中を歩いていてこんな目に遭ったら本当に嫌だ、と言うか困る。語り手は間一髪で何故か気づいて事無きを得たけれど、そのままという人もいそうな気がする。

 「五人目」合わせ鏡絡みの怪談は時折登場する。ただ、途中の一人が手を振る、というタイプの事例は覚えがない。そして、これが気になった理由は、むしろ先生がこの事実を既に知っていたこと。事の真相が是非知りたかったところだ。また、大騒ぎになったようなのに何も語られることが無かったのは何故なのだろう。

 「反転」ありそうで無かった反転世界。これも新鮮で興味深い。このジャンルもまだまだいろいろなネタがありそうだ。しかも、作中語り手自身が言及してるように、自分一人なら何らかの病気、という疑いも残るけれど(それには矛盾もあるものの)、母親も同時に同じ体験をしている、というところから信憑性がぐっと増している。無理とは知りつつも、迷い込んでしまった理由が判ればなあ。

 「喪字」書いてはいけない文字が家系で継がれている、というのは面白い。しかも、それが著者にも障りを生じてしまう、というおまけまで。当然ながら何という字なのか気になって仕方ない。

 「おむかえ」初盆の父があの世への帰還にタクシーを使おうとする。ちょっと楽しくちょっと哀しくちょっと不思議。強烈なネタ、というものでは無いけれどじんわりと来るものがある。しかし、タクシーでどこに帰ろうとしていたのだろうか。

 「うしのおもいで」自分では昔懐かしい思い出と思っていたものが実はそうではなかった、という話はたまに存在するので新しいとは言えない。
 でも、ここでは自分の産まれる前、ということなら状況が一致する、というよりややこしい話になっている。あるいは父の記憶なのではないだろうか。

 「紙垂」最近ではパワースポットなどと呼ばれることもあるし、聖なる空間である神社では、怪異というのは元々起き難いのかもしれない。ただ一方で神の威光とでも言うべき事例というのもこれまでほとんど聞くことは無かった。
 ここでは台風の最中、紙垂が全く揺れもしない、というやはり自然や偶然ではあり得ない出来事。何とも不思議だ。

 「読むな」名前を呼ばれることで突然激しく暴れ出す自販機。扉が開いて中から何か出てきた、ところで語り手は逃げってしまっていて、何者なのかは判らない。実に残念だ。当然ではあろうけれど。
 この話が印象的だったのはそのビジュアル的な恐怖も勿論ありながら、この周囲が全て廃屋であった、という事実。ただの偶然、という可能性があるとは言え、この何かによって皆ここに居られなくなってしまったのではないか、と想像すると一層怖ろしいものに感じられる。

 「余談に似た、あとがき」で触れられた二つの怪談は、どちらも強烈、というものでは無かったけれど、こうして二つが見事に繋がってしまうと読んでいて鳥肌が立ってしまった。しかもその内の一つは著者自身の体験。やはり因果な仕事ではあるのかもしれない。

 強烈な作品というのは無いものの、何か気になるような、興味深い作品を多数含んだ佳品であった。

 

 

怪談に関するブログです。主に怪談本やイベントの感想を書いていきます。心霊体験は全く無いので、オリジナルの怪談を載せることはなさそうです。