清澄白河 パティスリー・アンドゥ


2016.8.29購入

シュークリーム 200円  トロピカルムース 430円  カシスモンブラン 450円
レアチーズケーキ 370円  清澄ロール カット 230円  メープルドーナツ 240円

http://undeux.jp/

 移転リニューアルオープンの際、購入に合わせて10%割引券をもらっており、その使用期限が迫っていたので利用。
 でも、支払の段になって、一点のみの割引だったと判明。と言うか以前一度確認していたのだけれど、すっかり忘れてしまっていた。清澄ロールをホールで買えば良かったか。

 ともあれ。

IMG_7306

 まずはトロピカルムース。
 マンゴー、パインの欠片が載せられている。
 上半分はマンゴーなどトロピカルフルーツのムースで、下半分はカシス風味。
 ココナツも感じられた。
 スポンジはもろもろですっきり溶ける。
 甘味・酸味・香りはどれも突出すること無くバランスが取れている。上品な味わいながら、華やかさも充分に感じられる。夏にはぴったりの一品。

 

IMG_7308

 シュークリームはかなり大ぶり。
 かなりしっかりと焼かれた皮は、残念ながら食べるまで時間が経ってしまっていたのでサクッとはしておらずしっとり。
 大分塩味が効いていて、アクセントになっている
 カスタードクリームの甘味は抑え目。しかし、とにかく滑らか。全くざらつきが感じられない。かなり丁寧に作られていることが判る。
 コクは結構あり、全体のバランスが絶妙。
 皮にはナッツもかけられており、香ばしい。

 

IMG_7309

 メープルドーナツ。
 ドーナツ類は以前は無かったような気が。
 メープルの風味はしっかりと感じられ、華やかな香り。バターも立っている。
 ただ、かなりパサッとした生地。食べようとすると崩れてしまう程。
 そのこともあってとても軽い印象ではあり、そのさくさくした感じも悪くはないものの、ドーナツというと基本しっとりしたものを連想してしまうので、ちょっと違和感がある。 値段もドーナツとしては比較的高いわりに小振り。

 

IMG_7312

 清澄ロールはもう安定の美味しさ。
 スポンジのしっとり度はかなりのもので、とても上品な印象。
 甘みも抑えてあるので、一見弱そうな気もするものの、味わってみると食べ応えは充分。 生クリームが実に上質で爽やか、今回は卵のコクもしっかりと感じられる。
 前回も挙げた佐賀県唐津にある「たまご色のケーキ屋さん」を思い出させるところがある。大分近付いた印象だ。
 個人的な好みでは、もう少し甘味が強くても良い気はする。

 

IMG_7314

 レアチーズケーキ。
 一口目にまず塩気を感じる。
 チーズだからあり得ることながら、ケーキではこれまであまり経験したことが無く、いきなり面食らう。
 でも、それはかなり好み。チーズ好きでもあるので。
 今回チョイスしたケーキ類に共通することながら、これもムースが何とも滑らか。
 甘味はこれまた弱めで、コクは充分。
 この甘辛さは癖になる。
 上には季節のフルーツ、ということでこの日はオレンジ。
 爽やかでチーズには合っているし、これまた質が良く薫り高い。
 ケーキの中にはブルーベリーが忍ばせてある。
 この酸味がまたチーズの風味を引き立ててくれる。
 レアチーズは何だか水っぽい感じのところが多く、どちらかと言うと敬遠気味だったのだけれど、これであれば是非選びたい。

 

IMG_7311

 カシスモンブラン。
 モンブランと言えば何処も栗一色で、このような取り合せにチャレンジしている、というところはあまり見ない。
 基本となる栗の味はしっかりしている。冴えた味わい。
 上に一個、中にも一個、甘煮の栗が入っている。贅沢だ。ただ、どちらもあまり甘味は感じられない。水煮よりは甘い、という程度か。
 個人的にはマロングラッセが世の中の食べ物の奈佳でもトップクラスに好き!!なので、もっと強烈に甘いものを求めてしまうけれど、全体のバランスから言えばこちらの方が正しいのだろう。
 たっぷりと入っているクリームもまた風味抜群。まあ、これまでのケーキとクリームは一緒だろうから当然か。
 そして、ケーキの下半分にたっぷり配されているカシス。
 この酸味が、絶妙に機能している。
 銀座「アンジェリーナ」のモンブランなど、最高ながらボリュームが多く、どうしても途中で飽きが来る。
 栗、というのは食材としてはややもっさりしたもので切れ味が無いし、アンドゥのものも含め、大抵生クリームたっぷりでもあるからだ。
 カシスが、このもったり感やクリームのしつこさを見事に払拭してくれ、どこまでも新鮮な気持ちでモンブランに向き合える。酸味は勿論、その風味もあいまっての作用であろう。
 モンブラン好きとしても、モンブラン界に新しい地平を見せてもらえた気がする。
 大袈裟過ぎるな、これは。

 いずれもとにかく上質感があり、コクがしっかりとしているので食べた後の満足感は高い。
 そのわりに軽いので胃もたれもしない。
 今少しだけ甘味を強くしてくれたら、自分としては完璧、と言えるだろう。

 因みに、写真は油断すると奥さんが食べ出してしまうので、ちょっと食い散らかされたものが多い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です