人形町 森乃園


2015.7.5入手

ほうじ茶わらび餅 1,300円(税込) いただき物なのでネット検索による推定

http://morinoen.jp/

 店においでいただいたお客さまから、お住まいの近くのお店でお求めになったからと頂戴してしまった。

 この「森乃園」というお店、有名で名前は以前から知っていたし、甘酒通り沿いなので前を通ったことも何度もある。
 しかし、実際にものを手にするのは初めて。
 しかも、ほうじ茶スイーツ。パッケージからでは、どんな味なのか想像もつかなかった。

 いただいたのは「ほうじ茶わらび餅」。
 わらび餅自体、食べるのは初めてな気がする。
 調べてみると、本来は蕨の根にあるでんぷんを抽出して作るらしい。
 ただ、本物のわらび粉は当然ながらかなり稀少だとか。わらびを使うと茶色になるらしく、ここのは無色透明なのでサツマイモ、タピオカや葛などを用いたものなのだろう。
 でも、この無色透明、というのが実に涼やかで、夏にはぴったり(まだちょっと早いけど)。

 

 
IMG_3050

 いただいた翌々日に撮影したら、透明感が大分失われてしまっていた

 

 つるんとした食感で、口に入れると滑らかに溶け出して跡形も無く消え去ってしまう。 ほんのりと甘みがあり、何も付けなくても充分に楽しめる美味しさであった。
 何とも品の良い味わいだ。
 黒蜜も上品な甘みを感じさせ、コクもあってわらび餅をぐっと引き締めてくれる。

 でもとにかく驚いたのはそれにかけるきな粉。
 きな粉にこの店のスペシャリテであり商品名でもあるほうじ茶が混ぜられているのだ。
 なので、色は茶灰色。
 一見本当に灰のようであまり食欲をそそる色合いでは無い。とは言え、黒蜜とは近い色なので、合わせればあまり違和感は無い。

IMG_3055
 
 これをたっぷりと餅にかけると、ほんのりとほうじ茶の香りが立ってくる。
 甘味とほうじ茶がこれ程合っているとは、これまで想像だにしていなかった。
 全く新しい発見だ。流石ほうじ茶専門店を標榜するだけのことはある。
考えてみれば抹茶は既に和菓子の定番メニューに入れられているし、紅茶だってシフォンケーキやアイスなどでは活用されている。
 ほうじ茶だっていけない筈が無かったのだ。普段ほうじ茶は日本茶でもあまり重視されてこなかったので、思いつく人がいなかったのだろう。
 この店の使命だと言っても良いかもしれない。

 食べた時の印象が何とも爽やかで幸せを感じられる。
 これまで食べた和菓子の中でも最高レベルな気がする。
 ここはお菓子屋というわけでも無く、いただかなければ買うことも食べることもなかったように思う。
 世の中、こうして巡り逢えていない素晴らしいものがまだまだ山のようにあるのだろう。
 一つでも多く出会っていきたいものだ。
 そして、この邂逅の機会を与えていただけた方には、最大限の感謝を捧げたい。

 本当に食べられて良かった。
 
 

森乃園昼総合点★★★★ 4.5

関連ランキング:日本茶専門店 | 人形町駅水天宮前駅浜町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です