銀座 セントル ザ・ベーカリー


 
 
 パンは本来スイーツでは無いだろうけれど、どちらも扱っている店も結構あるし、甘いパンなどはどちらとも取れそう。
 何より、ファン層がかなり共通していそうなので、このスイーツカテゴリーにて扱うことにする。

2015.7.30購入

角食パン 864円(税込)

http://allabout.co.jp/gm/gc/420763/

http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13157424/

 近くのギャラリーに来たついでに寄ってみたところ、この猛暑の中の平日夕方、あと5分程で焼き上がる、という段階で店内に7人程が待っているのみ。
 前々から気になっている店だったので思わず並んでしまう。
 既に「角食パン」以外の二種は完売で選択肢は無い。
 並ぶ客を捌く係の方から購入個数を聞かれ、それに応じた札をもらう。焼き上がり個数との調整のためであろう。

 5分も待たないうちにパンが焼き上がり始め、オーブンから取り出されて方からお目見えする。その光景を見ているだけで楽しくなる。テンションがぐっと高くなってしまう。 それに連れて、とても良い香りも店内に拡がり出す。
 カウンターレジの女性たちも焼き上がる直前から持ち帰り用の袋をどんどんと広げるなどてきぱきと準備を進めているのが見える。
 皆とても温かい対応ながら無駄が無く機敏な動きで、気持ち良いことこの上ない。

 とにかく全員札をカウンターに渡して希望の個数のパンをもらい代金を支払う、という動作しか無いので、たいして待つこともなく順番がやって来た。
 受け取ってみると、重い。
 通常のパン2斤分、それにしてもかなりずっしりとした重みが感じられた。

 真四角のパンは形も美しく、そして全く焼むらも無い。
 食パンなので強烈な香りは無いものの、ほんのりと感じられる香りは何とも品の良いもの。

 持ち帰って軽くトーストしいただく。
 食パンがこんなに美味しいとは、と眼を見開かされる味の深さ。
 じんわりと旨味が感じられ、かなりの粘りのある生地は弾力が見事ながら、食べると一瞬の噛み応えの後するりと溶けてしまって美味しさだけが残る。
 実に感動的だ。
 食パンのみで勝負している、という自負は伊達では無い。
 後先気にし無ければいくらでも食べてしまえそうだ。

 本当は購入当日は焼かずに食べた方が良かったようで、知らなかったのが悔やまれる。
 食パンは焼くもの、という先入観が邪魔してしまった。

 決して安いとは言えないにしても、2斤分あって800円であればとんでもない高さ、ということでも無い。
 後はこの日のように運良くさほど並ばずに買えるかどうか、だな。
 残り二種のパン(「プルマン」と「イギリスパン」)も是非試してみたい。

関連ランキング:パン | 銀座一丁目駅有楽町駅京橋駅