オーボンヴュータン 日本橋高島屋店


2014.12.23購入

ブッシュ・ド・ノエル フランボワーズ 3,240円 どちらも税込

ブッシュ・ド・ノエル マロン 3,240円

 

日本橋高島屋 オーボンヴュータン

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13023670/

 

 毎年どこにするか審議の対象となっているクリスマスケーキ。

 2014年は、原点回帰、ということと高島屋さんとの御縁を記念して、久々にオーボンヴュータンに。

 クリスマス・パーティの全体は「飲食」の方にて記載している。

 

 しかも、初の試みとして小型サイズを2種注文する、という暴挙に打って出た。

 ものは「ブッシュ・ド・ノエル」のフランボワーズとマロン。

 

 奥さんが取りに行ってくれたので、持って帰ってきたのをみてびっくり。

 小さ!

 一つ3,000円もするというのに、ちょっと大きめのピースケーキか、と思う程小さかった。

 現地で見てきた奥さんの話によると、大きいサイズの方はまずまずだったらしいので、そちらの方がやはりお得だったのかもしれない。

 

 とは言え、どちらも丁寧に作られていて可愛らしい。

IMG_1873

 

 スポンジは比較的ぼろっとした感じに仕上げており、アーモンドらしきナッツの風味をしのばせてある。

 クリームの味も濃厚。フランボワーズは酸味が利いているし、マロンは栗好きには堪らない味。

 上にデコレートされているチョコも勿論出来合いの安っぽいものではなく、一つ一つ違う風味がしっかりと感じられ、それだけでも美味しい。

 

 とにかく質実剛健、という菓子にはちょっと不似合いな言葉がぴたりと当て嵌まる感じ。

 味の強さ、洒落っ気の無さは好き嫌いが分かれるところだろう。

 しかし、おそらくはフランス菓子の味を本格的に再現しようとしているものと思われ、そう考えればこの

 力強さは見事に成功している、といえるだろう。

 そして、その食べ応えある美味しさは、我が家にとっては依然No.1の称号に相応しい。そんなに数多くの店を食べ歩いているわけでは無いけれど。

 今はケーキを食べるのが文字通り命懸けなので、失敗したくない、というのはある。

 直感でピンとこないところにトライして外した時の落胆は半端なものでは無い。例えばサダハル・アオキとかサダハル・アオキとかサダハル・アオキとか。

 食べる機会もぐっと減ってしまっているので、勢い食べたい、と思う店を再訪する、ということが多くなってしまっている。

 ま、別に評論家なわけでも無いし、食べたいもの、自分にとって美味しいものさえ食べられて満足できればそれで良いわけだし。

 

 例年だと翌日まで楽しみが残るところ、今年はその日のうちに食べ切ってはしまったけれど、これ以上は無理、という満腹にはなったし、大満足ではあった。

 
 

オーボンヴュータン 日本橋高島屋店

昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ケーキ | 日本橋駅東京駅京橋駅

浅草 ベルノート


浅草 ベルノート  洋菓子

2014.11.10訪問

 

ドラゴンフルーツのタルト 450円 トリプルチョコDX 370円 ブリュレシュー 380円 パンベルデュ 350円 ワッフル 200円 (全て税抜)

 

テレビ東京の「L4YOU!」で紹介され気になっていたお店。

 

鷲神社の酉の市に詣でた帰り道に立ち寄った。酉の市の話は別のコーナー(日々のよしなしごと)にて書いている。よろしければそちらも是非。

「ベルノート」は浅草寺の本堂裏、北に向かって延びる千束通り沿いにある。いわゆる奥浅草、といわれる一角だろうか。江戸時代には興行や見世物などがよく行なわれていたところだ。浮世絵でもたまにここの演し物の絵を見かけることがある。

この日、鷲神社の酉の市に詣で、物凄く充実した縁日に興奮して、マイベストソウルフードであるベビーカステラの購入に至ってしまったため小麦解禁に。

ベビーカステラもそれなりの量があり、缶ビール片手に屋台見物もかなりした後だったので、控え目の購入となった。それでも5個だけれど。

 

ドラゴンフルーツのタルトは残念ながらあまり評価できなかった。

色味は綺麗なのだけれど、何しろほとんどフルーツの味がしない。しかもこいつは香りもあまりないので、単に甘いだけの代物となってしまっていた。やはりケーキには酸味や香りの強いフルーツが合うのだろう。

 

トリプルチョコDXは名前だけあってそれなりにチョコは濃厚。

ただ、その分ちょっともったりとした感じで、味に冴えが無い。

 

ブリュレシューも同様に手作りの温かみは感じるものの、これは美味い、と際立つものは感じられなかった。

 

パンベルデュというのは、いわゆるフレンチトーストのことらしい。大のフレンチトースト好き故、これは美味しくいただいた。

昔はよく自作して食べたものだけれど、これもそうはいかなくなりもう何年も(十年レベルで?)食べてはいなかった。何とも懐かしい。

こうした品であればむしろそうした穏やかな作りというのが強みに転じてくれるのかもしれない。

 

ワッフルはこの店の一推し商品。

この店のパティシエはベルギー在住18年とのことで、実のところケーキよりもこちらの方が得意なのかもしれない。

確かに美味しい。特にちょっと温めると一層。

ただ、何分このお菓子、ベビーカステラとレシピがとてもよく似ている。

既に一袋分のベビーカステラをむさぼり食ってしまっていた我が身には、少々食べ飽き気味であったことは否めない。これは店の責任では全く無いのだけれど。

 

全体にしっかりとした味がついていて悪くは無い。個人的には好みでは無い「甘さ抑えめで」、とか「とても軽ーい」というものではなく好感が持てた。

しかし、残念ながら食べていてこれは美味いなあ、と思えるまでのインパクト、味の輪郭のようなものが感じられず、物足りなさは残ってしまった。

IMG_1284

食べる直前になって奥さんの具合が急変し寝込んでしまったのでこんな感じの写真しか撮れなかった

-一部は食べかけです

 

http://bellenote.blog.fc2.com/

http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13145426/