「怪談本」カテゴリーアーカイブ

川奈まり子/実話怪談 でる場所


 「場所」にフォーカスした本なので、一つ一つの話の舞台となる地名が明らかにされているのが珍しい。その土地の雰囲気も想像しながら読めるので、こうした方が良いようにも思うけれど、やはり差し障りが出てしまうことも多いだろうし、普通は難しいだろう。

 川奈まり子の怪談は単著、共著いずれも既に何冊か読んでいるけれど、実はこれが最初の作品であったらしい。最初から文庫スタート、という竹書房との方針の違いで前後してしまったわけだ。
 彼女の怪談は本人の体験談も多く、怪異そのものよりも別の要素に主眼が置かれているような作品も少なくない。まあ、それは他の女性著者でも時折見られる傾向ではあり、一方の男性にはほとんど現れない特徴なので、女性の語り特有の現象なのだろう。
 個人的にはあまり好きでは無いけれど、どうしても似たような内容、文章になってしまいがちな怪談本にあっては、新鮮に読める、というメリットがあることは確か。
 特にこの本はまだ怪談の世界にも竹書房の仲間たちにも毒されていない頃なのでより独自性は強い。

 「リフォームの跡」時折報告される家の中の謎スペースもの。何でそんなものが作られたのか想像するとぞくぞくする。個人的にはかなり好みのネタだ。
 中でもこの話では大家に確認を取って存在を確認しており、しかも壊さず残して欲しいと懇願されてさえもいる。ここまでやりとりしていてこの部屋の用途や作った理由を確認していない、というのはおかしい気もするけれど、問うても回答が無かったので省略した、という可能性はある。むしろまともには答えない方が普通か。
 そうした部屋の存在と風の音、というだけでも相当に不気味なのに、ここでは中に入った彼が消失してしまう、という凄い事件が発生する。しかもそれで行方不明になってしまうわけでも無くて、普通に暮らしていながらそこに入ることを強要してくる、という不可解さ。
 この後どうなったのかその後が気になって仕方ないところでもあるけれど、何とも特異な怪異であった。

 「ブランコが揺れる」というネタは時折登場してくるものではあるけれど、これだけ何回も、しかも何人もの人に目撃されている、というのは珍しい。
 しかもその場所が明記され、原因と思われる事件まで特定されている、というのはさらに。

 「首は何処へ」怪異としては著者も書いているように都市伝説レベルだ。
 ただ、その前提となる首入りヘルメットを拾ってしまった、というのは想像するだに怖ろしいし、おまけ的なエピソードのめり込んでしまった首、というのも想像すると実に不気味。
 また、暴走族が田舎では憧れの存在にもなり得るのだ、ということを知らされ、昔何故あんなものになる人間が次々出てくるのか疑問でならなかったのがちょっと理解出来た。

 「分身」これもドッペルゲンガーかとも思える話。しかも、本人のすぐそばをかすめるように出没している。にも関わらず本人は一度も見かけていない。何とも怪しい話だ。
 もっと前の方にある「タクシーの夜」も同じネタと思える妙な話だと言える。
 しかもこの相手、著者の名を騙っているので実害もあるわけだ。とは言え、時折ちょっとしたことをしでかす程度で、がっつりと損害を与えてくるわけでは無い。だから本格的に対策を立てようとまでは思わないものの、精神的にはじわじわと侵されていく。実に巧妙な戦術であるとも言える。
 今のところ健在のようなので、その後も「分身」には会わずに済んでいるのだろう。

 全体に都市伝説に近いような話が多いものの、自分で体験したエピソードが盛り込まれていて結構リアリティのある内容になっている。
 また、この著者の特性として、何だかほの暗い陰鬱な表情が全編を通じて感じられる。怪談としては悪くない情緒かと思う。

鈴木呂亜/実録都市伝説~社怪ノ奇録


 これは怪談では無く、都市伝説や偶然の産物についてまとめた本。
 元々は嫌いでは無い、というより有り体に言ってかなりの好物ではあるのだけれど、既に単著だけでも何冊か出してきているせいか、ネタがかなり小粒ばかり。
 アメリカ50州全てのエピソードを紹介する、という取り組み自体は大変なことだし評価したいところではある。
 ただ、残念ながら肝心の内容がさほど強力とは言えず、しかもその州ならでは、というものでも無いものがほとんどでその醍醐味を味わう、というには至っていない。残念だ。

 「アラスカ州」で一年間に2,800人もの人が行方不明になっているとしたら凄い話だ。ただ、行方不明になるのが地元の人間と限ったものでは無いから二百人に一人、というのはあまり意味の無い数字に思える。

 「偶然にしてはあまりにも」偶然の一致、という話はこの手の本にはよくあるものではあるけれど、やはり興味深い。特にその一番最後のエピソードは、通常では考えられないレベルで繋がっており、何か因果でもあったのでは、と考えたくなってしまう。それにしても、こうしたネタ、それを見つけ出した人が凄い、とも言える。どうやって発見するのだろうか。

 「あなたの死因はあまりにも」も単なる偶然、と考えるべき内容ながら、その奇妙さは充分に面白い。

 いわゆる怪談本の中にこの手の話がいきなり紛れ込んでいたら違和感が拭えないところだけれど、こうしていわばその道の専門家がネタをふんだんに提供してくれる、というのは、そのつもりで接するならそれなりに楽しめるものだ。
 もう少しネタをぎっちりと集めてもらって驚くような話を楽しませて欲しい。

 

内藤 駆/恐怖箱 夜泣怪談


 まだ専門学校生だという若い著者。
 しかし、文章はこなれていて全く違和感が無い。
 そして何と言っても書かれている怪談が独特でおよそ類例の無いものが沢山。小田イ輔とはまた違った質感の異才が登場してきた。
 新鮮で面白かった。

 冒頭の「ツツジ」からして既にユニーク。
 ツツジの花叢の中でひらひらと振られる子供の手、という情景だけでもフォトジェニックで幻想的。しかし、直後にそれをぶちこわすような第二の怪異に文字通り引きずり込まれてしまう。そのダイナミックな動き、そして事件性を窺わせる告白。短くとも強烈な印象を残すエピソードであった。

 「小咄 四つ」はそれぞれ関連性も無い話がまとめられている。二つは短めの一編位はあり、何故ここで一括りにしようとしたのか理解出来ない。
 内、二番目以降のエピソードはいずれも興味深い。 
二番目の話は絵の内容が変わっていく、という昔アラン・ドロン主演のホラー短編にあったような内容。かなり不気味な変化を遂げた上、語り手と絵の所有者の二人とも経験しているようなので信頼性も高い。さらにこの絵の所有者自体が何だか怖ろしい、というおまけのオチまで付いている。
 次の話は舌切雀のように人間心理を突いた復讐劇であるところが見事だし、人を痴呆にさせてしまうような祟りもしくは恐怖、というのがどんなものなのか、全く描かれていないだけに想像してしまって一層怖ろしい。ここまで効果の高い霊障というのもそうは無い。 四番目のエピソードは一言怪談ながら切れ味抜群。こんな現象が起きたら本当に堪らないだろう。

 「雨」の中で起きているエピソ-ドは、いずれも全く唐突で意味や関連性がどうにも想像すら出来ずわけが判らない。強いて言えば、ここまで常軌を逸した言動になってしまう「葵」が、なぜ家に行くまではごく普通の友人のような振る舞いであったのか、何とも不思議だ。特に家に引きずり込もう、という狙いだったようにも思えないし。また、あまりにタイミング良く現れる伯父という人、及びその言動も謎ではある。いずれにせよ、不条理ネタとしてはなかなかに強烈な話ではあった。

 「カエル山」も、起きている怪異自体も類例の無い不思議なものもある上に、それが次々と連続して起こっていきながら、それぞれの出来事に繋がりが感じられず不条理感ばかりが募ってしまう、というユニークな内容。パラレルワールドもしくはタイムスリップと覚しき要素まで盛り込まれ、もうちょっとした映画を観ている気分だ。この一編だけでも、この本の価値は充分であろう。創作で無ければ。

 「アゲハ」これも全体としてはちょっといい話風の内容にはなっているものの、実のところ起きている怪異もしくは異変もおかしなものだし、それらの因果関係など全く理解不能である。結果から見れば確かにそうだ、としか考えられないけれど、何で、としか言いようが無いのも確か。

 「お化け屋敷と観光バス」は本来全く関係の無い話二つが連続して書かれている。これは稿を改めて次の話にした方が自然だと思う。
 それはともかく、その前半、お化け屋敷の話は何とも奇妙だ。
 お化け屋敷のお化けを体験してしまう、というだけでも凄いことなのに、これまた謎の巨大サザエに挟まれてしまう、というこれ以上無い不条理体験のおまけ付き。しかも「戦慄恐怖の血みどろ屋敷」という触れ込みなのに全く怖くは無い。いや、実は本当ならサザエに挟まれることで「血みどろ」になる筈が何かの理由で助かってしまった、ということなのだろうか。
 この場所、おそらくは二子玉川園なのだろうな。

 ここに挙げた話だけでなく、「狩猟」なども相当に不思議。
 ただ、どれも本来ならここに書かれていない話の真相、因果などが隠れていそうなのに、そこにはほとんど踏み込まれていない。それがどうしてももどかしい気持ちにさせられるし、全体に軽い印象にも繋がっているように思う。
 もう一段の突っ込んだ取材を行っていけば、更に凄みのある怪談を提供してくれるのでは、と期待せずにはいられない。