「怪談本」カテゴリーアーカイブ

加藤 一/「極」怖い話 災時記


 
 
 看板に偽りありで、ちっとも怖くない。まるで「極」の要素は感じられなかった。

 作者もまえがきで、今回は「気配の恐怖」を集めたかった、としているのでその覚悟はしていたものの、想像し許容できる限界まで譲ってみても、やはり怖く無さ過ぎ。
 怖くなくとも不思議な話であったり妖怪譚であったりというのなら救いがあるけれど、別にそういうわけでも無く、単純に話が薄い。
 最早まともな話が集められずその言い訳をしているだけでは、と勘繰りたくなる位だ。 

 「克ちゃん、いるの?」はいる筈の無い家族の気配がする、というよくある話ながら、部屋を開けたら霧が見えた、というのはちょっと不思議。
 克ちゃん、特に何も言及されていないところをみると、別に何事もなかったのだろうか。

 「どすんどすん」にしてもネタ的には全く新鮮味無し。ただ、語り手と霊との関係が薄そう、というのと、何より行動の無意味さは面白い。謝ってまですることか。
 霊になった人から一方的に好かれていた、という可能性はあるにしても。

 「肩車」のように「何か」が見えるとその後急死してしまう、という話も目新しいものでは無い。
 とは言え、この「野球帽をかぶった子供」があちこちで見られる、という点は奇妙ではある。

 「店長の後に付いていく」のような時空の歪みとも考えられるような話は好みだ。これはこれで類例がありそうな話ではあるけれど。

 「渦巻きの向こう側」も似たような異世界譚。こちらの方がイメージされる映像含め、シュール感はより強くこの本の話の中では一番怖い方。「るみ子ちゃん」一体誰なのだろう。

 「江古田怪談・乱闘編」の舞台、江古田は生まれて間もなくから10年程住んだ場所の近くなので、何だか懐かしい。とは言え、住んでいたのは大分西武新宿線に近い方だったので、子供の頃江古田駅周辺にいったことはほとんど無い。なので、あくまでも懐かしい雰囲気だけ。
 加藤氏の話に時折登場する「結核療養所」は家にも程近く、確か学校からも遠くなかったので何回か行ったり忍び込んだりした記憶がある。
 話も不可解で興味深い。明快な怪談、というわけでは無いのだけれど、裏に何か隠されているような気味の悪さもあり、印象に残る話ではあった。

 「松と不始末」この話が本当なら、やはり神田明神に行くことは出来ない。
 一応我が一族の先祖は「俵藤太秀郷」正確には藤原秀郷、ということになっている。「風と雲と虹と」では露口茂が演じた人間だ。古過ぎるか。
 これが判る方であればすぐに察しは付こう。
 そう、この下野押領使藤原秀郷が倒した相手こそ平将門なのだ。
 なので、それを意識して以来、神田明神にも首塚にも行ったことが無い。
 大手町辺りを通ることは時折あるものの、幸いに偶然その前を通過して、ということも今のところ無い。うまく避けているのだろうか。
 神田明神は建物が登録文化財でもあり、一度行ってみたい気はしているものの、それで何かあっては元も子もなし、未だに踏ん切りは付かない。

 「揺れる」の語り手は、幾ら怖かったからとは言え、祖母を見殺しにしてしまうというのは酷い。何も無かったから良かったようなものの。すぐに再度訪問していないのも薄情なものだ。

 感想を書けそうな話をピックアップしようとしてもあまり引っかかってはこない。
 元々彼の怪談は怖くないことが多かったとは言えあまりに寂しい。
 往年の因縁譚のような密度の濃い話をまた是非読ませてもらいたいものだ。

 
 

小田イ輔/実話コレクション 厭怪談


 
 記念すべきこのブログの感想第1作「呪の穴」から僅かに5か月、もう新作を発表するとは凄いスピードだ。
 今回も通常の怪談本に登場する話とは微妙にずれたような、球筋の見えない変化球のような変わった話が多数。「お化け三角」など、他ではまず読めることのない作品だろう。
 ただ、やはり立て続けとなるとある程度ネタ切れでもあるのか、前回程の奇妙な感じは受けなかった。

 「おつり」も妙な話だ。
 語り手の話が事実であれば、流石に偶然で片付けられる類のものではない。
 でもそれが何故なのかまるで判らないのも事実。
 オチの話に続きがあるのか、とても気になる。あまりあって良いこと、ではないのだけれど。

 「ベル」のように、自分では当然と思っていたことが世間的には普通では無いことであった、と知り愕然とするというのは皆何かしらあったりはする。
 でも、こうした経験は滅多なことでは無いし、それ自体何とも不思議だ。
 とりわけ印象深いのは、語り手の解釈。
 本当は皆経験していながら忘れてしまっている、というのはあくまでも語り手の根拠の無い推測でしか無い。
 しかし、今丁度店(ギャラリー)で展示している作家さんの解説を書く際に、錯視を例に挙げつつ、人の見えているもの、というのは実はそれぞれで異なっているのかもしれない、と考えたりしたものだ。
 今ここで認識している記憶、というものもまた儚い幻想、次の瞬間には綺麗に塗り替えられてしまって、変わった事実すら何の痕跡も残さず消えてしまっている、という可能性すらある。
 そう考えると、彼女の訴えを否定することもまた難しくなってしまう。

 「横切るもの」この例は面白い。
 道路を渡っている霊体、というのは数多あれど、それが渡る間に一生分の変化を遂げてしまう、という話など聞いたことも無いし、想像すら出来ない。
 作り話だとしたら突拍子も無さ過ぎる。
 しかもこれが実在してしまうと、心霊現象を何らかの科学的なものであると捉えたり、意識や思念などの実体化と考えたりする論理にも全くそぐわない。
 何なのだろう、これは一体。

 「在宅介護」も奇妙にして恐ろしく、何とも残酷な話。
 結構後に残ってしまう。
 これもまた「何故」という部分が想像すらつかないので理不尽なことこの上ない。
 
 「チュルッと」のような病院には、絶対に入院したくないものだ。特に年をとってからなど。
 こうしたものへの鈍さから、自分では絶対気付かないに違いない。

 「弟子入り志願」も変わった話だなあ。
 前世というものには否定的な気持ちしか無いけれど、なお充分な怪異譚であるとは言えるだろう。

 「自殺意思」で書かれているような思念のようなものがあってそれが赤の他人に影響を与えてしまったのだとしたら、何ともいい迷惑だ。
 こんなところにも絶対出会したくは無い。

 ここに挙げたいくつかの話、そして挙げなかった話も含め、怖さとは違う要素で、何だか惹かれ印象に残ってしまう。
 独自性の強い作家であることは間違いない。
 また、文章力がつけば、もっと面白くなってくるのかもしれない。
 素材としてはユニークで興味深いものなのだから。
 
 
 

伊計翼/怪談社 壬の章


 
 謎の小芝居も巻頭と巻末のみになり、いろいろな意味で普通の怪談本となってきたこの怪談社、今回は怪談そのものも並と言わざるを得ない。

 怪異が小粒でたいして怖くない上に、どこかで似た話を聞いたようなものも多く、新鮮味もない。

 「酔興」は怪談としてぎりぎりながら興味深い話ではある。
 占いと上司の事故、そこにほんとうに繋がりがあるのかどうか。
 でも、これだけ一致していれば怖く感じるのは無理もない。恐怖譚としては立派なものだ。
 ただし、別の日には易者が全くいなかった、というのはただの偶然、もしくは週末限定開業だった、何箇所かを廻っているなどの理由が考えられ、不思議と言う程のことではない。
 更に、何故最後に一家離散のくだりを付け加えたのか意図が分からない。
 それが特別凄いことでも重要な情報でもないし、稼ぎ手が急死したならあってもおかしくは無いだろう。

 「森」も怪談としてはよく聞く話、と大差は無い。フレッシュ感は0であった。
 むしろ最後の部分で「友人が何を怖がっていたのか判らない」と書いてあることに引っかかってしまい、マイナスの印象を持ってしまった。
 この話では語り手がはっきりと怪異を目撃しているわけで、その「もの」が友人の方に向かっていったことまで確認している。
 だったら、疑問に思うようなことでは無いだろう。
 著者の、こうした思わせぶりにしているようで結局内容として破綻してしまっているところが、こちらの気持ちを、す、と退かせてしまい面白く感じさせなくしてしまうところだ。
 好意的に解釈するなら、どちらも何か書くと問題がある、もしくは公表したくないような部分があり、そこと絡んでいる要素なのかもしれない。
 でも、だとしたらそこをカットした時点で上手く修正すべきポイントでもある。

 「怒らないで」では、死んだ人からのメッセージというようなものなら結構あるけれど、このようにこれから殺人が行なわれようとしているということが伝わってくる、というのは不思議だ。
 ただ、これも実のところ、首を絞める、という行為など二分もかからないものだし、書きぶりからは決意から行動までほとんど時間が経っていないように思える。
 息子が電車の中でメッセージを受け取り走って行くにはどんなに近くてもそれなりの時間がかかりそうだし、果たして間に合うものだろうか。
 予知して事前にメッセージが流されていなければ、どうも辻褄が合わない。

 「苦情」も実によくある話。
 オチにしてもむしろ予想通り、という感じで驚きは全く無い。
 ただ、ここでは老人の怪しさと筆談によるやりとりが妙に怖く感じられ、ちょっと面白かった。

 「えにし禄」はただの偶然とは思うけれど、なかなかに興味深い。
 特にK子さんの話などは驚くしかなかろう。
 とは言え、誰にでもこんなまさかと思うような偶然、一回や二回否それ以上経験しているものじゃないか。
 題名の禄、これもどうも腑に落ちない。この単語の意味と話の内容がマッチしていないのだ。
 まさか「録」の間違い、ということなのだろうか。

 「髪の毛」、よくインチキな話の代表格として挙げられる「一夜にして白髪に」というものを実際に体験した方からそう言われると説得力がある。それが冗談や嘘でないなら。
 しかし、これも後半著者によって加えられた、人間の方が怖い話によって印象が分散してしまったのがむしろ惜しい。
 これも余計な内容ではなかろうか。

 「ニコニコ」ここで怪異は何一つ起こってはいない。
 でも、これまた都市伝説として語り継がれている掛け軸の裏の御札を本当に、それも凄いレベルで発見してしまった、というのは得難いレポートであり、掲載する価値は充分にあろう。
 さらに、宿夫婦の笑顔で拒絶されたというくだりは怖面白い。

 「神」はなかなかの大作。
 しかも民俗的な要素からも興味深い。
 この怪異が一体どんなものなのか、調べてみるとこの伝染病というのはどうやら狂犬病らしい。
 狂犬病というのは発症すると致死率が90%を超える、というかごく奇跡的な例を除きほとんど死んでしまう、エボラよりも強烈に危険なウィルスなのだ。
 しかも水を恐れるという症状の出ることがあり「恐水症」と呼ばれることもあるらしい。
 ほぼビンゴ、だ。
 見ないもの、というのは「犬」そのものなのかもしれない。
 はっきりとは書かずとも、その気があれば探り出せるように仕掛けてあるのは嬉しいところ。いつも何だか判らんままのものが多くてフラストレーションが溜まってしまうので。
 土着神関連の話かと思いきや、歴史も浅くむしろ具体的な事件に纏わる因縁の話、ということになるのだろう。

 この本で何より気になるのは、語り手の表記。
 「K市」さん、「R代」さんといった形で書かれている。
 そのため、実際の名前を想像してしまいたくなって、気持ちがどうしてもそっちに逸れてしまう。
 怪談はどれだけその話にどっぷりと没入できるかどうかが面白さ、怖さを盛り上げていく要でもあるので、それを削がれてしまうことはデメリット以外の何物でも無い。
 こんなところで目新しさを追求する必要など微塵も無く、相変わらずこの著者の力点の置き方には、違和感しか感じられない。
 最初の頃よりはずいぶん文章もこなれてきて、文の拙さでがっかりする、ということは無くなったけれど、どうも好きにはなれない。