響け!ユーフォニアム


 

 良くも悪くも京アニらしいアニメだった。

 誰か一人に絞り込むのでは無く、何人かの関係を描くことで青春群像劇を作っていこうという設定の仕方、何となくちょっとひねた台詞回し、そして物凄く丁寧な絵造り。
 相変わらず鼻につく、というのが一番強い。

 吹奏楽、という舞台はクラシック好きとしては惹かれるものがあるし、本来楽しみになって良いところなのだけれど、どうもそんな気にはならなかった。

 オープニングテーマのTRUE「DREAM SOLISTER」は「プラスティック・メモリーズ」の項でも書いたように名曲揃いの今クール音楽の中でもピカ一。
 まだ歌ってはいないけれど、カラオケでこれ以上気持ちよく歌える曲はそうあるまい。 楽しみだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です