アルドノア・ゼロ


 

 このクール一番楽しみなアニメだったのに、HDDの容量不足により最終話が録画できなかった。しかも何とかしようと作業中に寝落ち。

 なので、本当ならここには書けないところ。とは言え、日々忘却するばかりの脳細胞、メモとしては記しておいた方が良さそう。

 毎回のように良い意味で裏切られる展開、阿呆のようにテンションだけで乗り切る熱血漢とは対極のクールな主人公、コンクールのみならず、ここしばらくでは出色のアニメであった。
 毎週次が楽しみで苛々する、という思いを久々に味わえた。
 「コードギアス」を観た時の興奮に近い。
 前のクールの終わり方なども酷似しているし、意識していた可能性は高いか。

 最近よくあるパターンの撮り溜めのためのスパンを空けての第2クール、話数も内容も何ごともなかったかのように進んでいった。

 途中録画できなかった回や部分もあり、観飛ばしてしまったところも多々あるので、まとめてじっくりと見直してみたい作品だ。

 あおきえい監督にはこのタイプの作品での成功例は無いようだし、これはやはりストーリー原案の虚淵玄の影響が良い方に出た、ということだろうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です