アブソリュート・デュオ


 これまた見事にテンプレなキャラが勢揃いしたアニメ。
 外国のロリキャラに侍、セレブ巨乳、先生もロリ巨乳。
 主人公は無条件にモテモテでしかも鈍い。
 その行動も予想を超えるものでは無い、というよりあらかじめトレースできそうな程 既視感のあるものばかり。

 ストレートなエロ要素が多いのは好感が持てた。

 最後の戦いで、主人公は撃たれようが左胸(心臓よりはちょっと下か)を刺し貫かれようが全く問題なく普通に戦えてしまう。完全に超人らしい。もうなるともう何でもあり、だ。
 敵だって負けてはいない。空中で大爆発起こしても、次のシーンでは物陰からこっそりと覗いていたりする。その直前まで堂々と戦っていたのに、何ともお茶目な奴だ。

 観ている時には全く気がつかなかったのだけれど、オープニングの原画を一人で担当した江畑諒真というアニメーターは今注目らしい。
 確かに見返してみるとかなりよく動いてはいるものの、特に好きな映像では無かった。これでは記憶に残らないのも自然。
 歌の鈴木このみも、このところ神曲が続いていたのに、今回は然程では無い。

 当然のように保存はせず。

 

アブソリュート・デュオ Vol.1【 イベントチケット優先販売申込券 】 [Blu-ray]
by カエレバ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です