美男高校地球防衛部LOVE!


 

 「イクシオン・サーガDT」に引き続き、今回も下らないアニメだった。
 それは勿論若干の褒め言葉も含めて。
 まあ、元々高松信司作品は全て必ず面白いということでも無いので、仕方ないのかもしれない。
 この作品は珍しくオリジナルだったらしく、そのせいかもしれない。
 彼の作品はギャグの切れ味が命だから、やはり銀魂やスクールランブルのようにその要素の出来が良くないと締まってこないのだろう。
 DTも今回もギャグが上滑りしている感が強かった。

 最初監督を知らず題名と絵柄から完全に腐女子向けとも思い、第一話を見逃してしまった。

 原作が無い分、芯となるストーリーがどうもあやふやで、特に実は宇宙向けTV番組だった、というのは何とも唐突で左程面白いとも言えず、御都合主義的な印象しか無い。

 見事に女子の出てこないアニメでもあった。出たことはあったのだろうか。

 

美男高校地球防衛部LOVE! 1 [Blu-ray]
by カエレバ

神様はじめました◎


 一作目も大きな期待のわりに今一つだった。
 リベンジを期待した今作、酷さがぐんと増してしまった。
 最早観るのがきつい程に面白くない。
 何より、主人公が自分の頑固さで周囲の言うことを訊かず勝手をしながら他人に助けられ、それをたいして咎められることも無くむしろ好かれてしまう、というあまりの御都合主義には、怒りすら覚える。
 大地監督で無ければ、絶対視聴を中止しているところだ。
 うーん、このところ佐藤新一、高松信司監督も詰まらない作品ばかり。
 期待の大御所が何故こうも訳の分らんアニメばかり作ってしまうのか。

 アニメそのものについては、もうこれ以上書くことが無い。

 オープニングの「神様の神様」は洒落ていて素敵な曲だ。
 そして何より、歌っている歌手ハナエには、好みのタイプというわけでは全く無いのに、何だかとても色っぽく惹かれてしまう。

 

神様はじめました◎上巻 [Blu-ray]
by カエレバ

 

アブソリュート・デュオ


 これまた見事にテンプレなキャラが勢揃いしたアニメ。
 外国のロリキャラに侍、セレブ巨乳、先生もロリ巨乳。
 主人公は無条件にモテモテでしかも鈍い。
 その行動も予想を超えるものでは無い、というよりあらかじめトレースできそうな程 既視感のあるものばかり。

 ストレートなエロ要素が多いのは好感が持てた。

 最後の戦いで、主人公は撃たれようが左胸(心臓よりはちょっと下か)を刺し貫かれようが全く問題なく普通に戦えてしまう。完全に超人らしい。もうなるともう何でもあり、だ。
 敵だって負けてはいない。空中で大爆発起こしても、次のシーンでは物陰からこっそりと覗いていたりする。その直前まで堂々と戦っていたのに、何ともお茶目な奴だ。

 観ている時には全く気がつかなかったのだけれど、オープニングの原画を一人で担当した江畑諒真というアニメーターは今注目らしい。
 確かに見返してみるとかなりよく動いてはいるものの、特に好きな映像では無かった。これでは記憶に残らないのも自然。
 歌の鈴木このみも、このところ神曲が続いていたのに、今回は然程では無い。

 当然のように保存はせず。

 

アブソリュート・デュオ Vol.1【 イベントチケット優先販売申込券 】 [Blu-ray]
by カエレバ