銃皇無尽のファフニール


 いやあ、本当に似たような設定、世界観のアニメが次々と生まれてくるなあ。
 もう区別も付け辛い。
 結局、何が「銃皇無尽」だったのか、「ファフニール」とはどんな意味だったのかまるで判らない。
 作中で語るシーンもあったのかもしれないけれど、全く身を入れて観たい、という気にならなかったので、見飛ばしてしまった可能性はある。

 声優として神田沙也加が参加し、オープニングテーマまで歌っている。
 何となくすっきりしない。二世タレントは基本的に好きでは無いので。
 とは言え、このオープニング「FLYING FAFNIR」は素直に良い曲ではある。
 作詞・作曲共に彼女自身とは、なかなかのものだ。
 それがまた気にくわない。
 理不尽な怒りと判ってはいても、人間の感情は時として意のままにはならぬものだ。


「銃皇無尽のファフニール」Vol.1【Blu-ray初回限定盤】
by カエレバ

 

ISUCA


 どんな内容だったかすぐに思い出せない程印象が薄い。

 その上に10話で終了。やはりこの話数では寸足らずの感が強くなってしまう。
 しかも次に引っ張るかのような最終回クライマックス後の謎キャラ(しかも肉親)登場と続編への意欲は全開の模様。
 見事なまでに「おれたちの戦いは続く」エンディングを迎えてくれた。
 何が「完」なんだか。

 勿論保存せず。

 最初はエロ系かと思ったものの、その後中途半端に。時折突然ちらりと差し挟まれる程度。
 最初だけ掴みで多目にしたのだろうか。「冴えないヒロイン~」と同じ手法か。

 高本宣弘、下田正美など、監督としてかなり好きでは無い方々が絵コンテetc.で参加しているのも、個人的に詰まらなく感じさせてくれた大きな要因かも。

 ただ、エンディングの絵は見事なもの。
 と思ったらやっぱりコンテから原画まで梅津泰臣の一人仕事。
 この人、アニメーターとしてはたいしたものだ。監督をやらせると途端につまらなくなってしまうけれど。
 後藤圭二と全く同じタイプのクリエイターであることが判る。

 また、オープニングのアフィリア・サーガは今回も悪くない。
 しかし、奴らの曲は何でこうもサビのメロディが長いのだろう。それが面白いポイントでもあるのは確かながら。

 

 

ISUCA-イスカ- 第1巻 [Blu-ray]
by カエレバ

 

純潔のマリア


 「処女」というワードはやたら出てくるし、ヒロインの格好はちょっとセクシーではあるものの、内容的には全く色っぽくはない。
 むしろ異色の歴史もの、という印象。

 主人公が魔女で、仲間の魔女から使い魔、天使に神まで出てくるわりに、えらく人間臭いドラマである。
 なかなか面白いストーリーだったけれど、1クールでは短すぎたのではないか。
 何だか慌ただしく終わってしまった感が強い。ライバルである修道士ベルナールもその思想などもう一つよく判らなかった。

 Wikipediaを見ると、大半のキャラクターがアニメオリジナルらしい。
 となると、彼ら絡みのエピソードも大概はアニメのみの話なのだろう。
 そうしたオリジナルエピソードと本来のストーリーとがしっくりと結びついていないことがそうした印象の原因なのかもしれない。

 そうした難はあるものの、それなりに楽しめた作品でもある。
 決定的な悪人もおらず(ベルナールは近いけれど)、今とは違うのんびりとした戦争の雰囲気も上手く描かれている。
 やはり谷口監督の力なのだろうか。

 でも、保存するには至らず。セクシー路線もかなり中途半端だったので。

 

純潔のマリア I <特装限定版> [Blu-ray]
by カエレバ

 

フランチェスカ


 かなり訳の判らないストーリー、寒いギャグの連発ながら、キャラが可愛いので許せてしまう。
 一段と出来の悪いくるみ(鋼鉄天使)といった感じ。全く意識していなかったのだけれど、どうやらこんなキャラがツボらしい。
 自分にも困ったものだ。

 どうやら、御当地アイドルキャラとして生み出されたようなので、可愛く感じるのは当然なのかもしれない。

 ただ、声優に牧野由依というちょっと懐かしい声優を使い、主題歌まで歌わせているのは意外だ。

 絵はCGぽさが強く妙な感じではあった。

 微妙ながら保存決定。

 

フランチェスカ Blu-ray BOX
by カエレバ

 

DOG DAYS”


 たわいも無い大人のための御伽噺。
 当初からそういう趣の強い内容だったものが、回を重ねる毎にますますその印象が強まっている。
 明らかに内容が薄くなってきているからだろう。

 今回は鯨のような浮遊生物の体内に入っていき、概ねそこでドラマが展開する。
 この時点で「ピノキオか!」と突っ込みたくなる。
 内容的にあまりにどうでも良く、何だったか完全に見失ってしまいそうになる。
 しかも、とにかく酷いことなど起きないほんわか世界なので、何が起きても全くはらはらもせず、惹き込まれもしない。

 シリーズ最初の頃は、世界観やキャラの設定が新鮮だったのでそれなりに面白かったのだけれど、その後あまりにそこから展開せず、おままごとが続くばかりなので完全に飽きてしまった。

 もういい加減無理な続編は止めて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DOG DAYS″ 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]