TERRAFORMARS


とにかく訳が判らないな、と思っていたら、まさかの1クールで終了してしまった。 この手のマンガ原作ストーリーアニメとしては珍しいことでは無いか。予定通りなのか、余程不人気だったのか。またしても制作スケジュール確保のための中断なのかもしれない。   前クール終了頃にやたらTVCFを流していたし、監督はあの「STEINS;GATE」の浜崎博嗣(共同だけど)といくことで期待して観始めた。 しかし、戦闘シーンがやたら力が入っていてリアルなだけで、ストーリー的にはよく判らない。 それも最初はあえて隠しているからかと思ったけれど、いつまで経ってもすっきりしない。 火星に着いてからも、ひたすら戦闘と能力の紹介、そしてストーリー展開をぶち切る回想シーンだけが延々と続いていく。 とにかく誰が誰かまだ判らない内にどんどんと新しい話と登場人物が現れてきて、かえって何も覚えられない。 ちゃんと観たことが無いので何となくの印象でしか無いのだけれど、これって「LOST」のスタイルのパクリじゃないだろうか。   テラフォーマーとの戦いも、技こそ次々と変わっていっても、結局はぶちのめしたりなぎ倒したり爆破したりの繰り返しなので、途中で完全に飽きた。 何か意味ありげな演出があるかと思うと、それがすぐに無効化されてしまって元に戻ってしまう。 主要な登場人物かと思ったら思いの外あっさりとやられてしまう。   ある程度まではしょうがないとは思いながらじりじりと待ち続けた結果、ほぼ最終回まで延々と人物紹介が続いた挙げ句、話は全く何の解決も見せず、ぷつりと終わってしまった。 しかも最終回に新たな首相らしい人物(顔と声優・銀ちゃんの合わないこと合わないこと)など新たな展開まで差し込まれてしまい、尻切れ感を弥増してくれた。   このパターンは、かつて大畑監督などの作品で、最後の最後で新キャラが登場しながら、その後数十年未だ続編は制作されず、という悲しき歴史を思い起こさせる。   ネット上の評判も散々なこの作品、本当に今こんな形で作る必要があったのだろうか。

異能バトルは日常系のなかで


厨2病ものは、元々そうした症暦を持たないので自己同一化は出来ない。 と言うかぶっちゃけあまり面白いとも思えない。ただ痛いな、と思うだけだ。   後半に入って謎の抗争に巻き込まれていくけれど、これも何だか設定がよく判らずその収拾のつけ方も疑問のみ。 これだけの痛キャラが例によってモテ期全開、というのが許せない、というところもあるのだろうか。 途中幼妻ヒロインの爆発、という事件も起きたりはしたものの、「空鍋」事件程のインパクトは無く、何だかなし崩しに解決もしてしまったみたいで、そちらも不発気味。   全体に全てがぐずっとして切れの悪い印象であった。

デンキ街の本屋さん


オタクネタにびったりとフォーカスされたアニメ。 本来かなりツボな筈なのだけれど、どうもピンとは来なかった。 絵柄が全く好きなものではなかったせいもあるかもしれない。 だが、それよりもやはりギャグのノリが合わなかったせいだろう。 このギャグが合わない、というのはどうにも明快な説明の出来るものではなく、恋愛と同じように好き嫌い、フィーリングがマッチするかどうかしかないように思う。   ここでは秋葉原の漫画店が舞台ということもあってエロ要素も少々盛り込まれてはいるものの、それが実のところ全くエロく感じられない、というのも残念な要素だ。絵的にも。   このアニメで特筆すべきはオープニングテーマ。 竹達彩奈が歌う「齧りかけの林檎」。 作曲を筒美京平が担当している。 この甘さ、実に素晴らしい。 アレンジなども明らかに意識してもろ70年代のアイドル歌謡曲なのだけれど、見事嵌まってしまった。やはり名を残した人は違う。 伴奏の一部が、完全に「太陽がくれた季節」になっているのもご愛敬。この曲自体リアルタイムでは知らないのだけれど、流石に聞き馴染んではいる。 竹達彩奈も見事にアイドル的な歌唱をこなしていて違和感が無い。

selector spread WIXOSS


前作「selector infected WIXOSS」の続編。三か月だけのインターバルで、最近よく見られるようになったやり方だ。 明らかに制作の進行を何とかしよう、という作り手の都合しか感じられず、若干興が醒める。もっとも無理をして作画が崩壊されるよりはまし、というのはあるかもしれない。さらに言えば特に楽しみなアニメでも無かったので、この場合どうでもよい。   とにかく暗い。シリーズ構成の「かなり嫌いな」岡田麿里趣味が存分に発揮されたアニメと言えよう。この前の「M3」といい、何故こんなものが好まれるのか理解できない。ま、勿論趣味ではないというだけの話なので、こうしたものが好きである人がいても全く否定する気は無いのだけれど。 自分の心の狭さを吐露しているようなものだ。 とは言いながら、これだけの鬱展開でありながら、最終的にはほぼ完全なハッピーエンド、というのは救われるし、意外だ。 そう言えば「M3」でもそうだったし、意外とそういう展開が好きなのだろうか。今まで嫌い嫌いということばかり先に立ってしまってあまり考えたことが無かった。   オープニングテーマ「killy killy JOKER」の分島花音。 今回もなかなか好きな曲だ。チェロも奏でるヴォーカリストでもあり、これまでも面白いと思える曲が幾つもあった。かなりの美人だとも思う。 しかし、彼女が登場するアニメはどうしたことかほとんど保存対象にならないものばかり。 どうも相性が良くない。

白銀の意思アルジェヴォルン


早いもので、もう10~12月期の最終回時期になってしまった。   ロボットものに対する拘り、というものが全く無いので、このタイプのアニメにはどうも今一つ入り込めないものがある。 主人公が開発者が不思議に思う程何故無事でいられるのか、それがあまり説明されない上、一時はやられたりはするものの最後の方は逆に何も問題が発生しなくなってしまう。 大抵は闘えば死の危険がある、などといったジレンマに晒されてそれがドラマの緊迫感を高めるのだけれど、そうしたことも無いので何だか肩透かしのような感じ。「革命機ヴァルヴレイヴ」などとは正反対だ。 良くある死亡フラグと思える台詞を連発しながら、その裏をかいたかのように死なないキャラを含め、主要キャラが敵役以外誰も死なない、というのは今時珍しい気もする。 ちなみにこの作品、前クール終了時に最終話と勘違いし、回想シーンで終わってしまうとはなんて破天荒な、と勘違いしてしまったものでもあった。

棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE


ネットの評価を見ると結構好評のようだけれど、個人的にはあまり観るべきところも無く概ね想像通りの展開で終わってしまった、という印象。 ネットの感想ではとにかく10話というのは短いというのも挙げられていた。 確かにその通り。 最後は相当な駆け足になってしまったようで、ガズ皇帝も折角復活しながらあっという間に消されてしまった。 この辺り、そんなに簡単に倒されてしまって良いものか。 魔法の発動に記憶をエネルギーとして活用する、というのが、こういうオチを作るためだったのかと判り納得。こういった判り易い周到さが榊一郎を好きになれない理由の一つでもある。但し、結末は原作とは違う形にしてあるようなので、この部分が彼の発案かどうかは正確には不明。ただ、重要な設定でもあり、少々違っていたとしても似たような使い方をするのではないだろうか。 オープニングテーマのサビで野水いおりが何度も妙な裏声を使うのが耳に残ってしまい気持ち悪い。彼女のせいではないのだろうけれど。

信長協奏曲


しまった。編集途中でそのまま放置してしまっていた。 流石に記憶も薄れつつはあるけれど、結構このクール出色の作品だったので覚えている限り書いておこう。 最近食傷気味の信長ネタ、定番設定であるタイムスリップもの、とテンプレート感満載だったため、第一話視聴時点ではほとんど期待していなかった。 絵柄もちょっと変わっていたし、主人公のキャラクターも全く共感できるものでは無かったので尚更だ。 ところが。 基本的に面白かろうと詰まらなかろうと、それが乙女系で無ければ観続けていく、というスタンスなので、これもとりあえず観ていた。 すると、その内だんだんと惹き込まれて行っていることに気付いた。 次の回が楽しみになってきていたのである。 やはりテーマが面白い時代だから、ということは勿論あるだろう。しかし、それだけではなさそうだった。 この話、よくあるタイムスリップもののように主人公の介入によって歴史が改変していく、ということもほとんど無い。 一度死ぬべき人間が生き残り、これはここからずれていくのか、と思っていたらすぐに修正されてしまった。 主人公はどこまでいっても特に個性を発揮するわけでも無く、後半は教科書も無くなってしまって皆の進言などを聞ながら采配を行なっていく。  そして、次第にその主人公、すなわち織田信長はその存在感が薄くなっていく。  元々ただの高校生なわけだし、思い切りの良さや明るさ以外には、特段の戦略や思想があるわけでも無いから当然かもしれない。  すると、その分周りにいる多くの武将たちの存在感がクローズアップされてくるのだ。  通常の歴史物であれば信長の個性こそが一番強烈に描き出されそれに圧倒されてしまう。  しかし、この信長は概ね自分では何もしないので、側近の武将やライバルたちがその考えを表に出し、行動していくところがしっかりと描き出されていく。  それが面白い。  終盤の森可成(森蘭丸の父)の最期など、涙無しには観られなかったし、実に見応えがあった。  これまでこんなに彼の死をドラマとして描き出した作品は無かったのではないだろうか。勿論自分が知らないだけかもしれないけど。 信長を無の存在として設定することによって、同じ歴史がこうも違って見えてくるものとは思いもよらなかった。 また、これ程第一回と最終回との印象が違って感じられた作品も珍しい。 これでこの物語がどう終結していくのかとても鬼にはなるけれど、きっと原作がまだまだ全然終わっていないのだろうな。  もっともっと書きたいことはあった気がするけれど、もう忘れてしまった。それも残念。こいつを録画していなかった、というのも。