VENUS PROJECT -CLIMAX-


     ストーリーは悪くなかった。  まあ、6話しか無かったので、OVAレベルのボリュームではあったのだけれど。  脚本が雑破業だったからその功績はあるだろう。  決勝で主人公では無くソバガスキーを優勝させたのも面白いところだ。  それにしても何故この名前だけ駄洒落っぽいのか理由が分からない。  コーチの設定などはあまりにお約束過ぎるとしても、実のところほとんど筋に影響は与えておらず、ギャグの一つとして許せる。  ただ、どうにもいかんのは声優。  歌の力でバトルを行なう、という内容なのに、その主要声優がほとんど歌が上手くない、というよりむしろ音痴の部類、というのはあってはならないだろう。  特に主人公などサビ以外は録音でも音程が怪しいし、アニメ最終話の翌週に放映されたライブを聴くと、サビすらずれまくっているし、それ以外はろくに声も出ていない。  ひどいものだ。  今歌の上手い声優など幾らもいるだろうに、何故こんなことになってしまっているのか。  全く好きな作品では無いけれど、歌がポイント、ということでは今クール放映していた「シンフォギア」とは比べるのも失礼な、と言うべき開きがある。  ちょっと視聴者をなめ過ぎているのではないだろうか。

響け!ユーフォニアム


 

 良くも悪くも京アニらしいアニメだった。

 誰か一人に絞り込むのでは無く、何人かの関係を描くことで青春群像劇を作っていこうという設定の仕方、何となくちょっとひねた台詞回し、そして物凄く丁寧な絵造り。
 相変わらず鼻につく、というのが一番強い。

 吹奏楽、という舞台はクラシック好きとしては惹かれるものがあるし、本来楽しみになって良いところなのだけれど、どうもそんな気にはならなかった。

 オープニングテーマのTRUE「DREAM SOLISTER」は「プラスティック・メモリーズ」の項でも書いたように名曲揃いの今クール音楽の中でもピカ一。
 まだ歌ってはいないけれど、カラオケでこれ以上気持ちよく歌える曲はそうあるまい。 楽しみだ。

 

プラスティック・メモリーズ


 

 何だかもたもたしているうちに、前クールをまだ書き残したまま、と言うより半数以上残した状態で、次のクール作品が次々と終了を迎えてしまっている。
 仕方ないので、コンクール前クールをまぜこぜに、思い付くまま記していくことにしよう。

 アンドロイドが実用化されたとして、果たしてここまで人間と変わらない感情、意識を持ち得るのだろうか。そこにまず疑問が生じてしまう。
 趣味、などというおよそ意味の無い行為を出来るまでにするには、一体何が必要なのか。
 ここでのアンドロイドは、皆若干応対が素っ気ない位の差以外はまるで人間と変わらぬ感情を見せるだけで無く、ふざけたり感動したり全く人間と変わらないようだ。
 主人公とヒロインの物語も、時間制限がある、という意外では通常の人間の恋愛と違いがほとんど見られない。どうもリアリティを感じられないし、その分普通の話になってしまっているように思える。
 ほぼ、難病で逝ってしまう相手と限られた時間を目一杯楽しもうとする、まあ通俗よくある話だ。
 さらに、その最後のエピソードに関しても、お互いかなりあっさりとそれを受け入れてしまっている。
 それは、仕事柄他人の別れを何回も見続けていたためにそれが一番正しいのだ、という思いから気丈に振る舞って見せた、という捉え方も出来るかもしれない。
 しかし、一番最後のシーンで新しいアンドロイドとごく普通の笑顔で握手を交わしてしまうなど、いくら何でも吹っ切れすぎじゃ無いの、という気がしてならない。
 まあ実際にはそうした人は世の中有り余る程いるのかもしれないけれど、これではドラマとして肩透かし以外の何物でも無かろう。
 呆気なく終わってしまった、という印象しか残らないのだ。
 最後に登場するアンドロイドの顔を映さないところからして、ヒロインの体を再利用しまた再会できた、という設定のようにも思えるけれど、そうだとすれば尚更複雑な気持ちになるのが自然なのでは。
 もしそうでないのなら、ヒロインが語った「あなたはすぐに別の人を好きになるのでは」という発言は全く言い過ぎではなかったことになってしまう。
 どちらに転んでも、主人公の思いはその程度だったの、という疑問が浮かんでくる。

 全体にどのエピソードも、登場人物の心理への踏み込みが浅く、あまり心に迫ってこない。ヒューマンドラマとしては致命的なのでは。

 どうもアニメ・ソングに関してはクール毎に傾向が変わるのか、前クールでは好きな曲がほとんど無かったのに、コンクールでは前々クールに負けず気に入ったものが沢山。カラオケが大変になりそう。

 このアニメのエンディング・テーマ、今井麻美「朝焼けのスターマイン 」はその一つで、その伸びやかな声質とも見事にマッチした名曲。ちょっと堀江由衣の「ヒカリ」に似た感じもあるけれど。

 

 

神様はじめました◎


 一作目も大きな期待のわりに今一つだった。
 リベンジを期待した今作、酷さがぐんと増してしまった。
 最早観るのがきつい程に面白くない。
 何より、主人公が自分の頑固さで周囲の言うことを訊かず勝手をしながら他人に助けられ、それをたいして咎められることも無くむしろ好かれてしまう、というあまりの御都合主義には、怒りすら覚える。
 大地監督で無ければ、絶対視聴を中止しているところだ。
 うーん、このところ佐藤新一、高松信司監督も詰まらない作品ばかり。
 期待の大御所が何故こうも訳の分らんアニメばかり作ってしまうのか。

 アニメそのものについては、もうこれ以上書くことが無い。

 オープニングの「神様の神様」は洒落ていて素敵な曲だ。
 そして何より、歌っている歌手ハナエには、好みのタイプというわけでは全く無いのに、何だかとても色っぽく惹かれてしまう。

 

神様はじめました◎上巻 [Blu-ray]
by カエレバ

 

アブソリュート・デュオ


 これまた見事にテンプレなキャラが勢揃いしたアニメ。
 外国のロリキャラに侍、セレブ巨乳、先生もロリ巨乳。
 主人公は無条件にモテモテでしかも鈍い。
 その行動も予想を超えるものでは無い、というよりあらかじめトレースできそうな程 既視感のあるものばかり。

 ストレートなエロ要素が多いのは好感が持てた。

 最後の戦いで、主人公は撃たれようが左胸(心臓よりはちょっと下か)を刺し貫かれようが全く問題なく普通に戦えてしまう。完全に超人らしい。もうなるともう何でもあり、だ。
 敵だって負けてはいない。空中で大爆発起こしても、次のシーンでは物陰からこっそりと覗いていたりする。その直前まで堂々と戦っていたのに、何ともお茶目な奴だ。

 観ている時には全く気がつかなかったのだけれど、オープニングの原画を一人で担当した江畑諒真というアニメーターは今注目らしい。
 確かに見返してみるとかなりよく動いてはいるものの、特に好きな映像では無かった。これでは記憶に残らないのも自然。
 歌の鈴木このみも、このところ神曲が続いていたのに、今回は然程では無い。

 当然のように保存はせず。

 

アブソリュート・デュオ Vol.1【 イベントチケット優先販売申込券 】 [Blu-ray]
by カエレバ

 

ISUCA


 どんな内容だったかすぐに思い出せない程印象が薄い。

 その上に10話で終了。やはりこの話数では寸足らずの感が強くなってしまう。
 しかも次に引っ張るかのような最終回クライマックス後の謎キャラ(しかも肉親)登場と続編への意欲は全開の模様。
 見事なまでに「おれたちの戦いは続く」エンディングを迎えてくれた。
 何が「完」なんだか。

 勿論保存せず。

 最初はエロ系かと思ったものの、その後中途半端に。時折突然ちらりと差し挟まれる程度。
 最初だけ掴みで多目にしたのだろうか。「冴えないヒロイン~」と同じ手法か。

 高本宣弘、下田正美など、監督としてかなり好きでは無い方々が絵コンテetc.で参加しているのも、個人的に詰まらなく感じさせてくれた大きな要因かも。

 ただ、エンディングの絵は見事なもの。
 と思ったらやっぱりコンテから原画まで梅津泰臣の一人仕事。
 この人、アニメーターとしてはたいしたものだ。監督をやらせると途端につまらなくなってしまうけれど。
 後藤圭二と全く同じタイプのクリエイターであることが判る。

 また、オープニングのアフィリア・サーガは今回も悪くない。
 しかし、奴らの曲は何でこうもサビのメロディが長いのだろう。それが面白いポイントでもあるのは確かながら。

 

 

ISUCA-イスカ- 第1巻 [Blu-ray]
by カエレバ

 

失われた未来を求めて


 後半、何故にここまで暗くなってしまうのか。  前半の学園ハーレムものとあまりに印象が変わってしまうのにびっくり。  筋的に何だか「シュタインズゲート」の劣化コピー、といった感じだ。  「ターミネーター」とも似ている。  相当にややこしいことになってしまっているので、なかなかすっきりとは終わらせ難いとは思うけれど、何だか呆気なく比較的手軽な解決で終わらせてしまったように感じられた。  キャラクターも一昔前のエロゲーのようでちょっと古臭い。  オープニングテーマの「Le jour」は拡がりを感じられかなり好きだ。ティンパニを使うようなシンフォニックなアレンジも好みだし。  最近佐藤聡美の歌う曲には良いものが多い。  このクール、音楽には良いものが多かった。ただ、アニメの良さとは全くリンクしていないのが残念。