初詣の罠 大國魂神社

 

 

どうなるとアレルギーが発症するのか、それについてはまだ研究も途上にあるようで明確ではない部分も多い。
よく巷間では「食べ過ぎると良くない」とか「桶に水をためるように徐々に溜まっていって、それがリミットを超えたら発症する」などと言われてはいるけれど、どれも特に医学的な根拠がある話ではないらしい。

もしそれがある程度正しいのだとすれば、早晩どこかでやられずにはいられなかったのだろうけれど、これも何も根拠の無い話ながら個人的に引き金を引く要因となってしまったのでは、と感じているエピソードがある。

いずれきっちりと書くつもりだけれど、最初にアナフィラキシーの症状が出たのは倒れることになる白金高輪事件よりも約半年前、2001年の秋、京都でのことだった。
それまでは蕁麻疹など出たこともなく、突然の発症であった。

それを遡ること一年弱。
2001年正月の初詣が今回の舞台だ。

ところは府中にある大國魂神社。
府中と言う位で国府が置かれた場所でもあり、古代より栄えていた地域の神社として由緒と格式を守り続けている。

そんな神社には宝物類も数々残されており、中でも狛犬一対は鎌倉時代の作で重要文化財に指定されている。
他にも鏡や刀剣など所蔵する品は多い。

それらは境内にある宝物殿に収められており、土日祝日と祭礼の日には公開されている。
お正月時期も祭礼の一つとして開いている、という情報があったので、毎年の初詣ツアーをこの年はここに定めたのである。

ここは、普段は静かな神社なのだろう、賽銭箱も大きくなく、鈴も少ないタイプであった。
そのため、初詣の参拝客は大行列、一時間以上は待たされることになってしまった。
初詣客と行列の関係については以前書いたことがある。
 →初詣の行列は何故とんでもなく長くなるのか
要は、どれだけの人数が一度に参拝できるかによって処理能力が決まってくる、ということだ。
祀られているのが明らかに神ではないので全く参拝する気になれない明治神宮など、テレビで見る限り相当に能力は高そうだ。
果たして行列がどの位の速さで進んでいくのか、それだけは確かめてみたい気にはなる。

無事お参りを済ませた後、宝物殿にて狛犬なども拝観、この日の訪問目的を十二分に果たしてほっとしながら、境内の露店を散策してみた。

すると、その中に世の中の数多ある食べ物の中でも随一にして絶対的な大好物、ベビーカステラを発見し堪らず購入した。

早速口に入れてたまげた。

中心部が生なのだ。
あまり経験のない業者だったのか、人気で売れ過ぎてしまって焦っていたのか。
いずれにせよとんでもない代物ではあった。
しかし、既に店からは離れてしまっていたので交換してもらうことも出来ず、かと言ってこの世の楽しみをそのまま放棄する気にも全くならず、止むを得ずそのまま食べてしまった。

まあ、勿論美味いものではなかったのだけれど、残さず平らげた。
それでお腹を下すこともなく、えらいものを掴まされてしまった、という笑い話としてその場は収まっている。

しかし。
全く医学的な根拠があるわけではないのだけれど、生の小麦粉を結構大量に摂取してしまったこと。
これが自分の体の免疫機構に決定的なエラーを与え発症するための準備が出来上がってしまったのではないか、そんな疑いをどうしても拭い去ることができない。
これもいずれまた触れたいところだけれど、わたしのようなアナフィラキシー発生のメカニズムとして、未消化のタンパクが血中に入ること、というのがあるそうなので、強ち単なる思い込みではないのでは、とも考えている。
生の小麦粉、どう見ても消化に良くなさそうだし。

ともあれ、この時は何一つ不調になることもなく、当然ながら変わらぬ日常、小麦粉を食べまくる日々を過ごしていたのであった。

最初の異変は先にも書いたこの年の11月、京都でのことであった。続く。

アレルギー発症前史

 
 
 子供の頃、特にアレルギーに悩まされる、ということなど無く育ってきた。

 幼少期の記憶があまり明確に残っていない、という残念な子供ではあったにしても、じんましんを発症した、という覚えはなく、喘息でも花粉症でも無かった。

 ただ、体をひっかくとかなり強烈な蚯蚓腫れが出来てしばらく退かないというところはあったし、一度くしゃみをすると下手をすれば十回以上止まらなくなる、という現象もしょっちゅうではあった。
 おそらく昔から過敏な体質ではあったようだ。

 そう言えば、当時ツベルクリン注射をするとその反応が物凄く、5cm以上赤くなり中心部はぼってりと腫れてしまって熱までもっている、ことが普通でもあった。
 これもアレルギー反応を利用しての検査らしいので(遅延型アレルギーと言うそうだ)、そのせいだった可能性が高い。
 このあまりの反応に、本人としてはこれは結核になっているに違いない、と信じ込んでいた。病弱な主人公気取りだったんだろう。
 しかも時折喉から出てくる臭い玉=「膿栓」を、結核で肺の組織が壊死したものだと思い込んでいた。まああんな臭いもの、有害な代物と思っても致し方あるまい。

 一方で、人一倍小麦好きな子供ではあった。

 パンもうどんもお好み焼きも大好き。
 それにも増して好きだったのがホットケーキにベビーカステラ。
 すいとんも大人になってもよく作っては食べていた。

 新婚旅行で行ったイタリアでは毎食ほぼパスタ(特にマカロニなどのショートパスタ)だったのだけれど、日本食が恋しくなる、どころかますますパスタに惚れ込み、食だけ考えればイタリア移住も良いかも、とちょっとだけ真剣に考えたりもしたものだ。
 まあ、あんな国に行っても働くことも出来ないしとても住み続けるのは難しそうだけれど。

 ともあれ、思い返してみるに、主食だけで無く菓子などまで含めれば、小麦を全く口に入れなかった日、というのは人生でも意外に少なかったのでは無いか。
 そのことが日々時限爆弾のように自分の身を怪しくしつつあったことなど、その時点では無論知る由も無かったのであった。
 
 

始まりは2002年

 
 
 体温34度、最高血圧70。

 救急車で運ばれている途中、測定結果を報告する救命士の声がぼんやりと聞こえてきた。

 人間の体温ってそんなに下がることがあるんだ、とちょっと驚いた。
 いつもなら最低血圧が80を超えてしまっているのにそんなに低くては末端まで血液が送られないのでは。
 ぼんやりとした頭でももしや自分の命は結構危険な崖っ淵ぎりぎりまで迫り落ちかけていたのではないか、ということに思い至った瞬間であった。

 2002年6月8日、東京メトロ白金高輪駅にて昏倒し救急搬送されて北里大学病院に緊急入院することになったのは、結論から言えば「食物依存性運動機序アナフィラキシー」(昔医師からそう教えられていたのだけれど、ネットで調べると「運動誘発」と言うらしい。呼び名が変わったのか元々間違って教えられていたのか)という奴だった。
 小麦を食べてあるレベルの運動をすると、劇症形のアレルギー症状(アナフィラキシー)を発症してしまうことになる。

 この病気の不思議なところは、アレルゲンを食べるだけでは何も起きないことである。
 基本的には通常と何も全く変化が無い。
 例え腹一杯に小麦食品を食べようとも、それによってじんましん一つ起きたりはしない。
 ただ、一旦出てしまうと自分でそれをコントロールすることは出来ず、命の保証すら出来なくなってしまうのだ。

 そんなことはこの日まで全く知りもしないでいた。
 この時点まで、我が身に異変が確実に起きつつあることにも気付かず、まるで平凡ながら気楽な「日常」を過ごしていたし、今後もずっとそうなのだろう、と根拠も無く信じていた。
 もう戻ることの出来ない過去、でしか無いけれど。

 このタイプのアレルギーは今のところ治療法は全く無い。
 ただ発症しないよう自分で日々摂生をして暮らしていくことになる。
 年をとってアレルギーに対する官能が下がってくると発症しなくなる可能性もある、との話ではあったけれど、そうなるとこちらも相当に老いぼれてしまった、という証左でもあるし、いけるかどうか試してみる、ということも出来ない代物だから基本的には一生気をつけ続けねばならないだろう。
 何らかの治療法、特効薬でも出てこない限り。

 はっきりとは覚えていないのだけれど、この前後にスギ花粉による花粉症を発症するまでは、特にアレルギー症状を起こすしたりすることは子供の頃から無かった。

 このブログでは「アナフィラキシー」に関して学んだ知識や経験を基に、アレルギーといかに共存しそれなりに楽しく暮らしていくか、について知る限りのことを記していきたい。

 次回以降、まずはこの「事件」に至るまでの過程を辿ってみたい。