ドリームキャッチャー


録画してずっとそのままになっていた「ドリームキャッチャー」をTVで観た。
基本的に映画は監督で観る自分としては珍しいけれど、スティーヴン・キング原作はやはり観てみたくはなる。

この後思いっきりネタばれるのでご注意。

別荘に集う幼なじみ4人。皆何か超能力を持っているらしい。
そこへ謎のおやじを救出して引き入れると、そいつからクリーチャーが飛び出してくる。
ここで主人公と思っていた4人のうち早くも一人が絶命してしまう。
しかもアメリカ映画によく登場してくるミミズ状の化物(「デューン」のワームにも似ている)が敵役かと思ったら突如グレイまで現われてくる。
もうこの辺りで認識が追いつかなくなってくる。
アメリカ映画では、この手のミミズ形の化物、というのがよく登場してくるなあ。日本人にはあまり怖いものには思えない気もするのだけれど、向こうの人には何か根元的に恐怖を感じさせるところがあるのだろうか。

しかも、この直後突如場面も登場人物も一新され、軍隊が登場してくる。
化物の正体が宇宙人であることが明かされ、既に25年?戦い続けていると語られる。
人情味ある役を主にやっていた印象のあるモーガン・フリーマンがちょっといかれかけたばりばりのタカ派軍人として描かれている。違和感が半端ない。
不時着した宇宙船近くの宇宙人を撃ち捲っていくシーンはちょっと「マーズアタック」的で笑えるレベルに達しており、面白い。ただ、直前まで描かれていた友情物語はどうなったの、という疑問が頭から離れることは無く、何だか妙な気分もしてしまう。

ずっと筋を追っても切りが無い、というかそこまでちゃんと覚えていないのでこの辺りにしておくけれど、とにかく内容が目まぐるしく変わりすぎてしまい、更にそれなりにいる登場人物たちがそれぞれにいろいろ背負っているものまでもちらちらとキーアイテムなどを登場させながら描かれていくので、慌ただしいことこの上ない。
何故かクライマックス直前にエイリアン相手に闘う筈の軍人同士が相打ちを始めてみたり、といったよく分らん展開が加わって混乱に拍車をかけてしまう。
 あまりに酷いのでチェックしてみたところ、やはり原作は文庫本4冊分とか。それは無理だわ。
 あの映像は最高、だけどストーリー面では最低な怪作(個人的にはかなり好き)「デューン(邦題:砂の惑星デューン)」と全く同じだ。あれも長くて哲学的でもある内容を2時間に詰め込もう、という無理が完全な崩壊を来してしまった例だ。
今流行の前後編とか三部作とか、それはそれで好きでは無いけれど、もう少し考えないといけないところだろう。

たまげるのはこうしたトンデモとも言える映画を、原作者スティーヴン・キングが激賞していること。
おそらくは筋通り映画化しているのだろうけれど、ここまで観客を無視した作品もそうはない。
やはり原作者はなまじ内容が分かってしまっているだけに、それが初見の人に理解できるかどうかは関係なく、いかに自分の原作を忠実に「映像化」しているかだけが気になるのだろう。
こうした人であれば「シャイニング」をこき下ろした、というのもまた納得がいく。あのオープニングだけでもう存在価値が比類無いと思える傑作も、作者からすれば自分の小説をテーマまでぶちこわした極悪人、位に思えるのかもしれない。

この作品の監督ローレンス・カスダンという人、全く聞いたことが無かったけれど、「レイダース」や「スター・ウォーズ エピソード5・6」などの脚本家らしい。
確かに、この長い作品の謎やキーの回収などは概ねきっちり出来ている。その辺は流石、と言うべきか。
もっとも、だから面白い、というわけでは無いのは辛いところ。

先に挙げた「シャイニング」のオープニングなど、映像的にキング原作映画へのオマージュ、もしくはパクリが随所に登場しているのも面白いところ。ま、当然意識してしまうところだろうし意識されることも判っていただろうから意図的なものだろう。
元々、内容自体もそれ程キング作品の全てを知っているわけでは無い知識でみても、いくつかの作品とかなり共通しているところがある。「ミスト」とか「スタンド・バイ・ミー」とか、アメリカ・インディアン絡みで「ペット・セメタリー」とか。
ネット情報でみても、やはりいくつかの作品を混ぜ合わせたようなものになっているようだ。

一番判らないのは、題名にもなっているアメリカ・インディアンの装飾品「ドリームキャッチャー」というのが、主人公たち5人の関係と重なっている、という描写はあるものの、結局何の役にも立たず、エイリアンの排出物か何かででろでろになり燃え落ちるだけに終わってしまったこと。
やはり原作ではもう少し活躍の場があるのだろうか。


鷲神社 酉の市


 11月10日月曜日、たまたま二人とも休みだったこともあって、浅草の北にある鷲神社の酉の市に詣でてきた。
初めて行った昨年は、二の酉で日時を間違え三の酉でようやく滑り込んだので、一の酉は初めてになる。

 

IMG_1265

 

 平日の日中でも流石酉の市、夜に訪れた前回と混み具合はほとんど変わらなかった。二百万人の人出になると言うからそれもまた当然か。

 特に神社のお参りは行列を成している。参拝が終わるまでに一時間以上かかった前回と変わらぬ感じだったので、そこでのお参りは諦め、横から手を合わせた。いつも通り願い事をするでも無し、気持ちだと思うのでこれで良し。

 

 ここが長蛇の列となりしかもそれが遅々として進まないのは、鈴の数が限られているからである。

 初詣の際に一番顕著になるのだけれど、土地土地のこぢんまりとした神社でもえらく混雑してしまうのはそうした神社では鈴が一つしか無かったりして、そこでは全ての参拝者が一列になってしまうせいだ。

 反対に浅草寺のように鳴らしものも無く(お寺なのであるとしたら鰐口)、一斉に数十人がお参りできるようなところでは、雷門辺りまでの行列が出来ていてもそれ程時間はかからないし、何より止まること無くどんどんと進むのでストレスが溜まらない。

 この問題はいつか皆何とかして欲しいと思っている。

 

 それはともかく。

 

 

 境内には熊手の出店が至る所に立ち並び、ちょっとした迷路のよう。

 以前何も無い時期にお参りに来た際には、さして広い境内とも思えぬところだったのに、長い歴史を経て絶妙な配置によってこの広がりを作り上げているのだろう。

 

 勿論どこも扱っているのは熊手ばかりながら、見ていくと一軒一軒結構趣が異なっている。

 付けられている飾りの種類もさまざまだし、基になる熊手の形も一定では無い。

 今回は、竹を利用した置物タイプが目についた。

 さらに、時代なのか飾り物の猫や七福神などの顔が妙にアニメ・キャラクタースタイルになっているものもも結構あった。

 キティちゃんが登場しているところも一箇所では無かった。まさにキャラクターブームの影響だろうか。

 しかし、こうしたものまでそうなっていくのはどうなのだろう。あまり好きにはなれない。

 

 一当たり巡ってみるものの、とにかく数が多いので決めきれない。

 昨年購入したところが良いかとも思ったもの、店名を全く覚えていなかった。

 

 そうした中で、昨年は初めて、ということで最少クラスのものにしておいたので、今年は御礼の気持ちも込めてワンランク上げようか、という話になった。

 しかも、先にも挙げた竹筒に飾り物を盛った形のものが何だか可愛らしく感じられた。

 

 で、どれにしようか絞り込みに入っていたまさにその最中、一軒の店の方に呼び止められた。

 そこで大振りの熊手を購入された方が出て、その手拍子(三三七拍子)への参加を求められたのだ。

 他人事とは言え何だか縁起が良い。

 で、ふと見るとどうやらその店こそ、昨年入手させていただいた店そのものだった。
 
 招き猫の顔が同じなので間違いが無い。

 母親の出生地でもある西新井の「遠藤」さんというお店だ。

 更に幸運なことに手頃な竹盛タイプのものも置いてあったので、迷わずこれに決めた。

 

 こんな形で偶然昨年と同じ店に出遭えるとは、やはり縁というのは面白いものだと思う。

 店の方もまさにその御縁だけで何とかここまで辿り着いてはいるので、その流れが来年以降も続いていくことを願うばかりだ。

 

 とにかく、良い酉の市詣となった。

IMG_7918

招き猫がちょっと古風ながらとても愛らしい

 

 主目的は済み、後は奥さんお待ちかねの露店探索。

 東京でこれだけ沢山の露店が集まっているのを最近ではあまり見ていない。

 福岡では「放生会(ほうじょうや)」で、もうそれこそ他で見たことの無い膨大な数の露店が立ち並んでいる。本筋(参道)から外れたところでは見世物小屋や冷凍体験コンテナ、陶器市コーナーまである位だ。

 勿論同じ種類の店が幾つもあったりはするのだけれど、あまり余所では見ないものも見つかった。

 ちょうど良いところに「カクヤス」を発見したのでそこでビール(正確には第3のビール)を買って呑みながら散策する。

 やはり屋台ものは粉モンが多いので食べられるものが少なく、途中ではカルメ焼を買った位。

 しかし、そのカルメ焼が焼き立てということもあり、とても軽くて外側はかりっと中はさくっと仕上がっていて実に美味であった。

 元々大好きなカルメ焼、ここまでいけるのを食べたのは初めてかも。

 

 奥さんは「大阪焼」なるものも摂取。

 屋台のおっちゃんは関西では普通にあるようなことをいっていたけれど、ネットで調べると、むしろ関東の屋台ものらしい。

 それとも、名前が違うだけで同じようなものは存在しているのだろうか。

 

 そうこうするうちに、若干酔いが回ったせいもあろうか、辛抱溜まらんといった風情となり、思い切ってベビーカステラを買うことに決めた。

 ここから帰宅するには相当歩かねばならないこともあって、その場で食べるのはあまりに危険なので、持ち帰りで。

 

 そして、たがが外れた勢いで、帰り道で見つけたケーキ屋さん、「ベルノート」にてケーキの購入にまで及んでしまうのであった。

 ケーキについては別途スイーツのブログを制作しているのでそちらに書いておく。

http://taharamakoto.com/sweets/

 

 結局のところ、なかなかに堪能しきった一日となった。